シェーラひめのぼうけん うしなわれた秘宝

著者 :
  • 童心社
4.32
  • (13)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494010646

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ファリードも好き…でもハイルも好き…

  • 20120717
    学校図書室

  • 登場人物たちの内面が動き出すのが見えてきて、面白くなってきた。
    ハイルが自分をどう出していくのかが気になる。

  • このはなし、すごい切なかった。とっても感動した。

  • これも、アニメにしてほしい

    相手がどう思っているか分からない。
    だから駆け引きとかを楽しめるのかもしれない。

    人の心が複雑で、見えなくて、っていうのは当たり前で
    疑うか信じるかっていうのが難しいんだよな

    というかなんというか。

    信じる、っていうことは、疑っている、可能性の有る事柄を捨てて、
    都合のよい方へ考えているだけなんじゃないか、って気がしてきたけど、それはそれでなんか違う気も。

  • 02.裏切られたぼくらはそれでも信じつづけずには生きていけない。
    ハイルがかっこよくてサウードがかわいいだけの話。

  • シェーラひめのぼうけんシリーズ2

  • シェーラひめの国が悪い魔法使いサウードの呪いで国が石になっちゃったのでシェーラが呪いをとく方法を探す旅にでるお話です。
    すごくおもしろかった☆

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1963年長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。著書に『シェーラ姫の冒険』(童心社)、『コンビニたそがれ堂』『百貨の魔法』(以上、ポプラ社)、『アカネヒメ物語』『花咲家の人々』『竜宮ホテル』(以上、徳間書店)、『桜風堂ものがたり』『星をつなぐ手』『かなりや荘浪漫』(以上、PHP研究所)、げみ氏との共著に『春の旅人』『トロイメライ』(以上、立東舎)、エッセイ『心にいつも猫をかかえて』(エクスナレッジ)などがある。

「2022年 『魔女たちは眠りを守る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山早紀の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×