サッコがいく (童心社・新創作シリーズ)

著者 :
  • 童心社
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494019359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書室に誰にも借りられず、自分も知らない本を見ると、読んでみようか、と思う。古くなって廃棄されるにしても、読んであげてから、と。
    だいたい、読まれないのも仕方ないな、と思う本が多いけど、たまにはいいものもある。
    これも、子どもが読んでみてもいい本。(読まないと損するってほどでもないが)
    小学4年生のサッコはおとなしくて優しい弟をひいきする(と本人には思える)母とケンカすることもあるが、野球が好きでさっぱりした性格。
    女子どうしつるむのは苦手。
    そんなサッコの成長を描く物語。
    優等生女子から班を追い出された男子(掃除中の悪ふざけのため)と野球仲間だったため同じ班にさせられたサッコ、転校生ユキちゃん、大人しい三宅さんの友情も描く。
    これくらいの年齢の子にありがちな悩みをストレートに描いてある。
    文章は非常に読みやすいし、絵も悪くない。
    エグくならない程度にいじめの問題も、いじめる側の事情もきちんと書いてある。
    爽やかな読後感で、高学年には物足りないかもしれないが、3・4年生にはいいと思う。

  • 読みやすい児童書
    でも好きすぎる
    主人公は男勝りな少女なんだけど、私基本そういう子は苦手なんだけどサッコだけは別
    正直でめんどくさがりで自分勝手で男前な野球のエース
    そんな女の子、私も友達になりてーやい!

  • 小学生の頃、読みました。なんか、好きらしい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

デビュー作の『風の音をきかせてよ』(岩崎書店)で、日本児童文学者協会新人賞を受賞。他に『月曜日のかくれんぼ』(草土文化)、『サイレントビート』(ポプラ社)、『ロケットにのって』(新日本出版社)、『夏のとびら』(あかね書房)、『シキュロスの剣』『晴れた朝それとも雨の夜』『夕焼けカプセル』(いずれも童心社)などの作品がある。

「2018年 『鳥達のバラード アンプラグド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泉啓子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×