更級日記 (これだけは読みたいわたしの古典)

著者 :
  • 童心社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494019779

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすいことで、古典の中では人気の高い本作品。
    ブックトーク用に、中学生向けのものを読んでみた。
    活字も大きく全ルビ付きで、さくさくと流れるように読めたのだが。。。え?これだけ?というのが正直な読後感。

    学問の神様である菅原道真公をご先祖様にもち、伯母にあたる藤原道綱母は、「蜻蛉日記」の作者。いわば文学界のサラブレッドのはずなのだが、「枕草子」や「源氏物語」のようなキラリと煌めくものを感じない。いや、偉そうなことを言ってまことに申し訳ない。
    これは私の読み方が悪いのかと再読して分かった。読みやすいだけあって、すべてが淡々としているのだ。
    辛いこと、悲しいことがあっても、それを俯瞰して描写するもうひとりの自分がいない。
    夢見るオタク少女の日記とは、このようなものかもしれないな。
    しかも作者自身が年老いてから、若い日々を回想してまとめたものだからそうなるのも頷ける。

    挿絵も豊富で現代語訳も分かりやすく、とりあえず内容を知りたいという方にはうってつけ。
    出だし部分の、物語を読みたいという強い願望で、薬師如来の像をこしらえて部屋に飾り、「どうぞ都へ行かせてください。ありったけの本を読ませてください」と額を床にすりつけるようにして祈る場面がある。ここが何だかとても微笑ましい。
    このとき作者は13歳なのだが、現代の13歳は何を祈るのだろう。

    より詳しくより異なる視点を求めて、次なる大人版の更級日記に行く。

  • 夢のお告げ受けまくりだけど、ほとんど無視する娘さん。
    まあ、普通はそうだよね。でも、こうして後々書き起こせるぐらい記憶に残ってたってことは、かなり衝撃的な夢だったのかな。夢日記をつけていたのかもしれない。
    ほんと、夢見る少女の物語ね。
    今の世なら「文学オタク」と言われそうな。
    今の世に彼女がいたら、物語だけではなく、いろんなジャンルに手を出してそうよね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

平塚武二

「1968年 『馬ぬすびと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平塚武二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×