アポリア あしたの風 (単行本図書)

著者 :
  • 童心社
3.48
  • (3)
  • (8)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494020485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2017年度読書感想文コンクール中学の部の課題図書

    いとうみくさんは、このコンクールにご縁があるのか、今年度も「天使のにもつ」が中学の部の課題図書に指定されている。

    それはさておき。
    この作品をブクログに登録しようと、「アポリア」で検索したら、思いがけず、多くの作品がヒットした…そしてこの作品は出てこなかった…。
    「アポリア」はギリシャ語で、「道のないこと」を意味し、転じて「解けない難題」というようなことを表す言葉だそうだ。「難題」をテーマにしている作品って多いのね。
    では、この作品で問われる難題とは…。


    東北大震災から20年後、東京湾は津波に襲われない、という通説を裏切り巨大地震発生直後を巨大津波が襲う…恐れていたその日から始まる物語。

    3か月前から不登校になり、自室にこもっていた一弥(いちや)は、突如起こった大きな揺れに動転し、どうにか自分の体を庇うだけで精一杯。
    気がついたら、二階にいたはずが一階に。自分のことで学校の面談に行くはずだった母が、潰された洗面所に閉じ込められていることが分かった。
    どうにか、助け出そうともがくところに津波警報が鳴り響くが、一弥は救出を諦められない。そこへ通りがかった中年の男が、無理矢理一弥を引き剥がし、会社と思しきビルの階上へと連れて行く…。


    これまで生きてきた中で、日本を襲ったいくつもの大きな地震を知っている。
    映像、写真、文章で幾度となく触れてきたが、常に自分は安全なところにいるという事実があり、それは、本当にただそのことを知っているというだけのことに過ぎない。
    この物語では(他の方もレビューで書かれていたが)、地震発生から高い建物へ避難し、助けを待つ様子が、まるで自分がそこにいるかのように感じられるほどリアルで、自分は安全なところにいるという事実を忘れてしまうほど恐ろしく感じられる。
    何も見えない闇、ジワジワと染み込む水の冷たさ…読むほどに鳥肌が立つ。

    登場人物達の心情が代わる代わる書かれていて、誰の気持ちを言っているのか一瞬分からないこともあるが、それは彼らの混乱した様子をより鮮明に描き出しているのかもしれない。

    地震による津波だけでなく、豪雨による水害が毎年のように起こっている。今この時も。
    このままでいいのか、という焦りのようなものをジリジリと感じる。2020.7.7

  • 東日本大震災から20年後、東京を大地震と津波が襲う。中学2年の一弥は通りすがりの片桐によって助けられ、瓦礫の下の母親を残し逃げた。
    許せない自分。許せない片桐。
    片桐への怨みは八つ当たりだが、強い憤りは誰かにぶつけなくては収まらなかったのだろう。
    黙って殴られている片桐の大きさに驚く。

    東日本大震災の被災者たちは、一弥のような憤りを誰にぶつけていたのだろう。
    冷静に耐え頑張っている人々の姿が紹介され、その印象ばかりが強く残っているが、どうしていたのだろうと改めて考える。
    片桐のような人がたくさんいたのだろうか。私にできるだろうか…

    まるごと受け止めてくれた人がいたから、一弥は立ち上がることができ、今度は助ける側になりたいと思った。真摯に生きる姿は、そのまま手本となるのだと沁々思う。

    挟まれた見開き写真、ページの縁の小さな写真、どれも東日本大震災後の被害を写し当時の記憶が甦る。

  • とても大きな、重いことなんだけど、それは一瞬の出来事で、一瞬の判断で。
    全てを分かつあの瞬間。
    もしあの時、もしこうしていれば…考えても仕方ないとわかっていても、ずっと考えてしまうだろう。
    そうやって考えられるのも、生きているからできることだけれど、それを前向きに受け止めるのは簡単じゃない。

  • 西暦2035年春
    首都圏を巨大地震が襲い、沿岸部に大津波が押し寄せる

    通りがかりの片桐に助けられた不登校で引きこもりの中学2年生一弥は、自宅から母を救い出せなかったことで片桐を憎み、避難した建物にいる人たちにも心を開こうとしない

    わずかな水と食料、雨が強まり不安が増すばかりのなか、片桐が病に倒れてしまう

    いっぽう、山梨にいて難を逃れた伯父の健介は、被災地にたどりつき懸命に一弥たち母子をさがす

    《生きているということがすべてだ。
     だから生きる。生きなければいけない。しっかりと、足を踏ん張って。》

    極限の状況におかれた人間の弱さと優しさ、生きる希望を失いかけてなお信じるひとすじの未来

    容赦ない筆致で描写される地震と津波が圧倒的なリアリティをもつ

    あの日から5年のときを経て書かれた愛と希望の物語

    著者は『糸子の体重計』(第46回日本児童文学者協会新人賞受賞作、2012年童心社刊)でデビューした、いまが旬の児童書作家

  • アポリアとは、解決つかない難問の事。

    中1の一弥(いちや)は、部屋に引きこもるようになって3ヶ月。母子で暮らすも、おじの健介が父親がわりでもあり、友達とも仲良くしてきたし、勉強もそこそこ。中学ではサッカー部に入った。はじめてサッカーをしたし、練習はキツかったけど頑張って実力をつけてきたところだったのに、母には一弥の引きこもりの原因は見当がつかない。
    今日は中学校へ担任と話をするため仕事を早く終えて帰宅した母は、その時、家の1階にいた。

    カタカタ
    ガタガタと窓が音を立てて
    ゴオオオオと轟音がし、大きなゆれがきた。

    激しい音があちこちで鳴り、母の声が階下から聞こえ、悲鳴に変わる。
    揺れがおさまり、一弥はひしゃげた部屋から這いつくばって光の方に出た。母がいた階下は潰れていた。だけど、母さんと呼びかけると
    コンコン、と返事を返してくる。
    生きてる。
    木片を投げ、母を探し始めたところに、けたたましくサイレンが鳴った。

    ただいま、大津波警報が発令されました。津波避難対象地区にお住まいの方は直ちに安全な場所に避難してください

    一弥の住んでいる地域も津波の危険性があり、津波警報が出たら立ち止まらずに非難する、と学校でも教えられてきた。

    行けるかよ。母さんを置いて行けるわけがない。


  • 2017年度中学課題図書。中学2年生の少年を中心に大震災の渦中を生き抜く人々を描く。

    心を締め付けられる思いで読み進めた。まだあの震災から6年。課題図書として不特定多数に読ませるには、まだ、早くないか

  • 東日本大震災から20年ほど経ったある日、東京を大地震が襲い、沿岸部は津波に呑みこまれる。

    自宅で被災した少年は、自宅一階で被災した母親を助けることができない。そこへ津波が押し寄せてくる....
    自らを責め続ける少年。だが、やがて...

    話の設定こそ、20年ほど経った東京になってはいるが、この話は明らかに東日本大震災の丹念な取材を元に、津波の記憶を残し伝えるものとなっている。

    日本人は、この記憶を残し伝え続けることができるのだろうか?
    原発事故の原因もわからないまま、原発再稼働への道を歩み続けるこの国が...

  • 課題図書。

    震災の中で成長する中学生の話。

  • アポリア ギリシャaporia
    道がないことの意
    問題を解こうとする過程で、出会う難関。難問。哲学では、同じ問いに対して二つの合理的に成り立つ、相反する答えに直面すること。倫理的難点。大辞林 第三班

    東京湾沿いに埋め立てられた汐浦町に母と二人で住む一弥は中学二年生。不登校中。
    ある日、家にいた一弥と母親は、大地震にあい、母親は家のがれきにとじこめられてしまう。
    一弥は通りがかったタクシー運転手片桐保に助けられる。
    その後、町を津波が襲う。

    首都圏で大地震が起こり、津波がおそってきたら・・・

  • 首都圏で起こった大震災に巻き込まれた、引きこもりの少年。つらい運命が臨場感をもって描かれる。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとうみく 神奈川県うまれ。『糸子の体重計』(童心社)で日本児童文学者協会新人賞を、『空へ』(小峰書店)で日本児童文芸家協会賞を受賞。『二日月』(そうえん社)、『チキン!』(文研出版)が青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれた。著書に『かあちゃん取扱説明書』(童心社)、『おねえちゃんって、もうたいへん』をはじめとする「おねえちゃんって、」シリーズ(岩崎書店)など。2020年『朔と新』(講談社)で第58回野間児童文芸賞を受賞。

「2021年 『つくしちゃんとおねえちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうみくの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×