医療事故を考える―その処理と処方せん

著者 :
  • 同友館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784496033179

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4496033178  188p 2002・4・27 1刷

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1961年、福岡県生まれ。ノンフィクション作家。岡山大学文学部卒業後、伊勢新聞社、『週刊新潮』編集部などを経て、2003年に独立。2008年、2009年に2年連続で『編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞』を受賞。2018年には『悪だくみ「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』で大宅壮一メモリアルノンフィクション大賞受賞。『地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団』『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』『ならずもの 井上雅博伝』など、著書多数。

「2021年 『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森功の作品

医療事故を考える―その処理と処方せんを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×