スモールワールド―ネットワークの構造とダイナミクス

  • 東京電機大学出版局
3.48
  • (4)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784501540708

作品紹介・あらすじ

数式やグラフを用い考察した唯一の理論書

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短編だけど内容が濃い。今どきの話題が盛りだくさん。楽しく読めた。

  • 3570円購入2010-07-08

  • 完全な数学の本である。図が多いので説明がわかる。文庫本にはなっていない。

  • ちょっと難しいので体調がいいときにまた読みますわ。

  • スモールワールド・ネットワークとセットで読むと
    結構理解し易いように思われる。

    数式が結構多いのが、より理解度を深める要因となってくれて、うれしい限りであります。

    クラスタとショートカット、縮約といった概念は
    建築、都市計画における配線や集落調査などにも活用され
    決して珍しい存在ではなくなって来ている。
    では、その中でいかなる世界が小さな世界であるのか?
    ネットワークの構造面からそれを解き明かして行く

    後半の様々な他の理論との関係を論じている章は
    中々、普段数式になじみのない人間としては
    興味深かった。

  • 「スケールフリーネットワーク」などのネットワーク科学が脚光を浴びているが、その祖は何といってもダンカン・ワッツである。彼の著作として有名なのが「スモールワールド・ネットワーク」であるが、あくまでも啓蒙書の領域にとどまり、実際の分析に利用するのは心許ないと言わざるを得ない。本書はスモールワールドの源流に近い、発見当時の論文の翻訳であり、重要な定義も含まれている。とはいえ分析手法だけを学ぶなら「複雑ネットワークの科学」の方がおすすめだろう。

全6件中 1 - 6件を表示

ダンカン・ワッツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドン・タプスコッ...
J.L. ボルヘ...
ハーバート・A....
デールカーネギ...
スティーヴン・ス...
ブライアンカーニ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×