ソーシャルメディアと〈世論〉形成

著者 :
  • 東京電機大学出版局
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784501630003

作品紹介・あらすじ

ソーシャルメディアツールによるコミュニケーションを通し、様々な情報が入手できる一方で、新たな社会問題も発生している。本書では上記のような社会情勢を鑑み、多様なメディアが相互に影響し合う社会における、世論形成の様相を論考。ジャーナリスト、メディアアクティビストとして著名な津田大介氏との対談も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F指定:007.3A/E59s/K.Endo

  • 卒論の参考文献。

  • 卒論としては参考資料としては難しい。調査をもっと詳しく書けば、役立ったろう。インタビューは使えないし、観察も使えない。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784501630003

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

遠藤 薫
1952年生まれ.東京工業大学院理工学研究科博士課程修了(社会工学).学習院大学法学部教授,博士(学術).理論社会学,社会情報学.『ネットメディアと〈コミュニティ〉形成』(東京電機大学出版局,2008年),『グローバリゼーションと文化変容』(世界思想社,2007年),『電子社会論』(実教出版,2000年)ほか。

「2019年 『日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤薫の作品

ツイートする