労働時間制度改革

著者 :
  • 中央経済社
3.73
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784502130014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言っていることに所々?がつくし、長時間に追われたことが無い人なんだなぁと思った。

    実際に、自己決定権と自己の裁量だけで仕事ができる使用者と対称的な労働者がどれだけいるのだろうか?
    最低限の労働法規すら遵守できずに、過労死を防げずにいるこの国にホワイトカラー・エグゼンプションを導入するとは…

  • 一律の規制がおかしいということに、きちんと向き合っている。
    働きたい人は残業代が出ようと出まいと勝手に自分の成果を求めてどんどん働く。
    労働組合がすべての労働者を代弁しているわけではない。

  • 事業を営み、従業員を雇うならば労働基準法の遵守が必要である。
    ただし、この法律は戦後の製造業を前提にした法律なので、
    今の働き方、業種・業態によっては法が必ずしもなじまないのが大きな問題点である。
    特に「労働時間」や「賃金」に関しては、現にいたるところに矛盾が生じている。
    著書では、日本の労働時間規制の内容と、欧米の労働時間規制の比較をしながら、労働時間はなぜ規制されるべきなのか、今の制度のどこが問題なのか、どういった労働時間制度ならば日本社会になじむのかなどを提言している。
    長時間労働や、残業代の未払いをおこなういわゆる「ブラック企業」排除が叫ばれているとはいえ、企業側の努力だけではなく、今にあった法律の改正が必須であると考えさせられる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

神戸大学大学院法学研究科教授(2016年4月現在)

「2018年 『最新重要判例200[労働法]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大内伸哉の作品

ツイートする