スタンダードテキスト 管理会計論

  • 中央経済社
4.10
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784502289408

作品紹介・あらすじ

原価計算編と管理会計編の2部構成で公認会計士試験の「管理会計論」の出題範囲を網羅。原価計算編では、個別・総合・標準・直接原価計算のほか活動基準原価計算(ABC)なども取り上げている。管理会計編では、意思決定会計に加えて、原価企画、品質管理、BSCなど戦略的な管理会計の内容を取り上げている。各章末に"演習問題"を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かなりの良書。
    各章の冒頭にはサマリーがあり、頭の整理に役立ちます。イラストや図解も非常に効果的に使われており、理解を助けてくれます。
    簿記2級程度の知識があれば難なく読めるし、初学者にはお薦めです。

  • 管理会計を勉強するなら読んでおくべき良書。
    全く管理会計の知識がない人でも一定の知識がある人でも
    役に立つと思います。
    私は公認会計士の勉強を始めて1年くらいで読みましたが
    より管理会計の知識が深められて良かったです。

  • ・公認会計士の短答式試験の対策に使用した

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。広島県出身。廿日市高から法大を経て、ドラフト1位で69年広島入団。1年目からセンターのレギュラーをつかみ、75年広島初優勝時には四番に座って首位打者、MVPに輝く。77年からは5年連続40本塁打、100打点以上。ミスター赤ヘルと呼ばれた。86年引退。89~93年、2001年~05年に広島監督、12年にはWBC日本代表監督。14年12月より日本プロ野球名球会理事長。

「2016年 『広島カープの血脈 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本浩二の作品

ツイートする
×