• Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784502661006

作品紹介・あらすじ

地理的条件やIT技術でネットワーク化した企業が互いの資源を活用しあい、競争力を生み出す新しい形態・構造・機能をもつクラスター企業群の経営システムを解説。

著者プロフィール

商学博士。早稲田大学商学部元教授。1992年に定年を迎え名誉教授。同年、愛知学院大学教授に就任し、2003年に退職。その後、公益財団法人荒川区自治総合研究所理事、所長、あらかわ経営塾長を務める。経営政策、企業論、人的資源管理、産業スラスター等、長年にわたり研究業績を挙げる

「2020年 『シルクはどのようにして世界に広まったのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二神恭一の作品

クラスター組織の経営学を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする