外来で診る不明熱ーDr.Kの発熱カレンダーでよくわかる不明熱のミカタ

著者 :
  • 中山書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784521745398

作品紹介・あらすじ

総合病院DPC化の今日,外来で不明熱を診ないのは発熱の全景をまだ見ていないと言える.国立国際医療研究センター病院総合診療科では2014年以来,「不明熱外来」を開設し,原因不明の発熱患者を診察している.多くの不明熱患者を診療して見えてきたことは? “発熱パターン”と“発熱カレンダー”で不明熱を診よう! 『内科で診る不定愁訴』と併せて読んでください.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北里大学医学図書館OPACへ
    https://saosrv.kitasato-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB10150048

  • WB152

    『総合病院DPC化の今日,外来で不明熱を診ないのは発熱の全景をまだ見ていないと言える.国立国際医療研究センター病院総合診療科では2014年以来,「不明熱外来」を開設し,原因不明の発熱患者を診察している.多くの不明熱患者を診療して見えてきたことは? “発熱パターン”と“発熱カレンダー”で不明熱を診よう! 『内科で診る不定愁訴』と併せて読んでください.』

    第1章 不明熱を外来で診る
     私の不明熱論
     古典的不明熱の定義の抜け穴
     外来で診る不明熱患者の一般的傾向
     入院させることを考慮するとき

    第2章 「不明熱外来」を開いたらこうなった

    第3章 発熱パターン別「外来で診る不明熱」の診断マトリックス
     発熱パターンの類型化
     マトリックスの全貌と注意点
     反復するということ

    第4章 「発熱カレンダー」で分析しよう
        外来で診るちょっと難しい不明熱
     熱が出たり下がったりする不明熱への対応
    「発熱カレンダー」をつくろう

    第5章 外来で遭遇する不明熱
        5つの臨床的カテゴリー
     病態別・難易度別 Case-based Learning

    第6章 不明熱を治療する
     不明熱を診断するのではなく、「治療」する
     ステロイドで治療する病気
     コルヒチンで治療する病気
     機能性高体温症の治療
     薬物治療中、気をつけること

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

國松 淳和(医療法人社団永生会南多摩病院総合内科・膠原病内科部長)

「2021年 『オニマツ現る! ぶった斬りダメ処方せん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

國松淳和の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×