本格ミステリの本流――本格ミステリ大賞20年を読み解く

  • 南雲堂
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784523266006

作品紹介・あらすじ

ミステリ作家、評論家の参加する団体たる本格ミステリ作家クラブ会員の投票により、その年最も優れたミステリとして決定される本格ミステリ大賞。2001年からスタートしたこの賞の受賞作に投票をした会員によって受賞作・受賞作家の論考をまとめ、本格ミステリのより濃いエッセンスを抽出する本格ミステリ作家クラブ20周年記念論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2001年~2020年に本格ミステリー大賞を受賞した作品の評論を集めた本。

    天狼院書店「小説家養成ゼミ入門講座」の講師、千澤のり子さんが執筆されているので、図書館で借りて読んでみました。
    2個だけ読んで、挫折。

    ■2006年東野圭吾「容疑者Xの献身」…杉江松恋
    「容疑者Xの献身」は、多分、テレビドラマか何かで見ていると思いますが、全く、言っていることがわかりません。本格ミステリー論について語っているからで、そもそも本格ミステリーって、何?な私には無理。
    <探偵ガリレオ>シリーズは、湯川教授が、書かれた時は佐野史郎さんのイメージで、映画化される時に、福山雅治さんになり、東野さんが人物像を改変していったそうです。…というのが面白かったです。

    ■2011年麻耶雄嵩「隻眼の少女」…千澤のり子
    上記の「容疑者Xの献身」よりは、はるかにわかりやすかったです。でも、「隻眼の少女」を読んでいないので、解説だけ読んでも…。

    ミステリーは、難しいですね。

  • 2021.2.9読了。

  • 今度

  • 本格ミステリ大賞20年を論考し、2000年代の本格ミステリの本流をするどく抉る評論集。
    ミステリ作家、評論家の参加する団体・本格ミステリ作家クラブ会員の投票により、その年もっとも優れたミステリとして決定される本格ミステリ大賞。
    2001年からスタートしたこの賞の受賞作に投票をした会員によって受賞作・受賞作家の論考をまとめ、本格ミステリのより濃いエッセンスを抽出する本格ミステリ作家クラブ20周年記念論集。


    一部の例外を除いて、解説とか評論ってあまり面白いと思ったことがありません。

    大抵の場合は、作品のあらすじを小難しい感じの言葉でなぞっていくだけのものを「解説」と呼んでいるだけのような気がします。
    作品をわかりやすく説明するのが「解説」の仕事なのに、むしろ難しくしてどうする、と。

    「評論」にしても同様。それを読んで作品の魅力を再発見したり、作品世界がさらに広がったりするようなものにはあまり出会えません。
    自分の教養をひけらかすだけのカッコつけ文章ばかりのような気がします。

    本書もわりとそんな感じでしたが、飯城勇三さんの「medium」論、杉江松恋さんの「容疑者Xの献身」論、佳多山大地さんの「開かせていただき光栄です」論あたりは本来の意味での「解説」や「評論」になっているように思えました。
    本作での対象になっている作品はほとんど読んでいて、好きなものも多いので、解説にも期待していたのだけれど、面白い解説や評論にはなかなか出会えませんね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

青森県生まれ。北海道文学部卒業。2007年より同人小説サークル「Rhythm Five」として活動。2016年に同人誌として発行した『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』で第16回本格ミステリ大賞・評論研究部門を受賞。
2017年、同社の改訂版を論創社より商業出版。2018年、商業版『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド』で第71回日本推理作家協会賞評論・研究部門候補。探偵小説研究会会員。

「2020年 『本格ミステリの本流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅木原忍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村 昌弘
知念 実希人
アンソニー・ホロ...
今村 昌弘
米澤穂信
辻村 深月
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×