話せるドイツ語会話

  • 南雲堂
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784523510550

作品紹介・あらすじ

ドイツ人の物の見方・考え方や日常生活がわかる実用ドイツ語会話。

著者プロフィール

1939年 長野県松本市に生まれる
1958年 長野県立松本深志高等学校卒業
1962年 東京教育大学文学部哲学科卒業
     木曾東高校、東京実業高校教諭を経て
1964年 ハンブルク大学に入学
1969-72年 ハンブルク大学日本学科講師
1972年 ハンブルク大学(院)哲学科・独文学科卒業
     8年間のドイツ留学より帰国後、獨協学園教諭兼獨協大学講師を経て
1974年 明治大学工学部助教授
1979年 明治大学工学部教授、その後理工学部教授となり現在に至る。この間、ハーバード大学客員研究員(1981-82年)、ケルン大学客員教授(1987-88年)、コンスタンツ大学客員研究員(1999-2000年)、国際ショーペンハウアー協会学術監事、日本独文学会常任理事等を歴任。現在ドイツ語学文学振興会評議員。
現 職 明治大学理工学部教授、文学博士(Dr. phil.)
専 攻 ドイツ現代文学、カント哲学、ユダヤ文化論
著 書
Kants praktische Philosophie mit Rucksicht auf eine Theorie des Friedens. Buske Verlag.(「カント実践哲学と平和の理論」)、『ショーペンハウアー』清水書院;(共著)小牧治編『哲学 現代の哲学的思索のために』有信堂高文社、高峰一愚編『哲学』学術図書出版社、Rudolf Malter (Hg.): Schopenhauer in der internationalen Diskussion. Verlag Waldemar Kramer、『ドイツ語の決まり文句』南雲堂、JGG (Hg.): Sprachproblematik und asthetischen Produktivitat in der literarischen Moderne. iudicium verlag、今井清人編『村上春樹スタディーズ2000-2004』若草書房、『話せるドイツ語会話』南雲堂。
訳 書
C. F. v.ヴァイツゼッカー『核時代の生存条件』講談社、C. F. v.ヴァイツゼッカー『心の病としての平和不在 核時代の倫理学』南雲堂、カント「永遠平和のために」(『カント全集』第14巻 岩波書店)、カント「哲学における永遠平和条約の締結が間近いことの告示」(『カント全集』第13巻 岩波書店)、カント「永遠平和のために準備原稿」(『カント全集』第18巻 岩波書店)、アルブレヒト・フォン・ハラー「アルプス」全訳(『文学空間』5期1号)。
その他ドイツ語教科書、論文等多数。

「2007年 『ドイツ現代文学の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠山義孝の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×