実験とシミュレーションで学ぶモータ制御―Visual Basicコード付き

  • 日刊工業新聞社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784526047022

作品紹介・あらすじ

本書は、メカトロニクス制御の基本になる直流モータとブラシレスモータの速度制御と位置制御に焦点をあてて、実験とシミュレーションから、制御機器の設計でおきる現実問題へ対処するためのヒントを与えたものである。PIDの基本から、少し深めたあたりまでをプラクティカルなタッチで解説し、つねに実験との対比を心がけた。

著者プロフィール

◆見城 尚志(ケンジョウ タカシ)1940 静岡市に生まれる1964 東北大学工学部修士課程(電子工学)修了、TEAC に入社1965 職業訓練大学校専任講師1971 モータの一般理論で工学博士(東北大学)、1981 職業訓練大学校教授1981-1990 (日本能率協会)小形モータ技術シンポジウム企画委員長2005 日本電産株式会社 モーター基礎研究所 所長2006 同名誉所長を経てTechnical Adviserとして現在に至る。主な著書 Stepping Motors and their Microprocessor Controls, Oxford University Press,1984(共著)Permanent-magnet and Brushless DC motors, 同, 1985Electric Motors and their Controls,同,1991

「2020年 『メカトロニクスのモーター技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見城尚志の作品

実験とシミュレーションで学ぶモータ制御―Visual Basicコード付きを本棚に登録しているひと

ツイートする
×