焦らなくてもいい!拒食症・過食症の正しい治し方と知識

著者 :
  • 日東書院本社
3.81
  • (6)
  • (14)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 122
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784528016880

作品紹介・あらすじ

この病気には間違った思い込み10ヵ条のタブーがある。摂食障害から学ぶ正しい知識。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 過食嘔吐には「拒食」と「過食」の要素があると分かった。摂食障害を持つ家族がいる人にはおすすめ出来るが、当人からは理解は出来てもこれを読めば治るというものではない。

  • 拒食症と過食症の治療上注意すべき点をあげている。

  • 安心が大事、自尊心。で、あせったらまずいらしい。不安に引きずられないこと。境界線を引くこと。

  • 食べ過ぎて太ってしまう「むちゃ食い障害」について知りたかったけれど詳しく載っていなかったのが残念

  • この類の本の中では、比較的読むのが辛くならない内容。当事者や周りの人に、正しい知識を持ってもらい、向き合う気持ちにさせる。第一歩に良い。
    本当に、間違ったアプローチで、より当事者達を傷つける本や人は、多い中で、これは無難。

    ただし、実際どうするかという段階になったら、別の本が必要。この本では、「拒食症・過食症を対人関係療法で治す」を紹介されてる。

  • 人間関係療法に関する本です。
    摂食障害専門のDr.だけあって患者さんのこころをよく理解し、快方に導いていくれる本です。

  • -

  • どちらかというと、当事者よりも当事者のまわりに渡したい感じ。
    この本で抵抗を減らしてから「拒食症・過食症を対人関係療法で治す」を読むといいかも。
    当事者を、自分を、家族を責めるな(責めても意味ないし)というスタンスに安心する。

    痩せることに対する執着度によって拒食←→むちゃ食いに分かれる(分ける)ってところに納得した。
    不安の病と自分嫌いの病。まあどっちも重なっていると思うけれども。

    むちゃ食いについてページを割いてある書籍は初めてみたかも。
    どんどん新しくなる知識をきちんと入れている辺りが信頼できる。

    使われているイラストは素敵なんだけどこの本に入れるには細っこすぎると思う。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

【著者】 水島広子
精神科医。慶應義塾大学医学部卒、同大学院修了(医学博士)。摂食障害をはじめとする思春期前後の問題や家族の病理が専門。うつ病などへの治療効果が実証されている「対人関係療法」の日本における第一人者であり、対人関係療法専門クリニックの院長。慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)。元衆議院議員。著書に、細川貂々と共著の『それでいい。』シリーズ(創元社)、『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)、『10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方』(紀伊國屋書店)など多数。

「2023年 『死にたいのではなく、こんなに生きづらい人生からおりたいのです(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水島広子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×