ファシリテーション入門〈第2版〉 (日経文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532113988

作品紹介・あらすじ

累計10万部のロングセラー、待望の新版!
本書は2004年7月に刊行した『ファシリテーション入門』の改訂版です。
ファシリテーションの入門用テキストとして多くの企業や大学で採用された同書は
当該分野の標準テキストといえるまでになりましたが、全面的にアップデートし、
最新の知見を盛り込んだ、まったく新しい本としてリニューアルします。

ファシリテーションとは「集団による知的相互作用を促進する働き」のこと。
その役割を担う人がファシリテーターであり、
日本語では「協働促進者」または「共創支援者」と呼びます。
プラスの相互作用を高め、マイナスの相互作用を抑え込むのが仕事です。
ファシリテーションの最大の特長は、
コンテンツではなく、プロセスを舵取りするところにあります。

改訂版では、多彩なファシリテーションの技法や応用のなかで、
すべての活動の基本となる「話し合い」(会議)のファシリテーションを大きくとりあげ
その理論と実践スキルを紹介していきます。
旧版を読まれた方も楽しめる内容になっています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ファシリテーションというものは、結局のところ実践の場でしか身に付かない部分が多い。

    しかし、本書ではファシリテーションの意義、方法論、得るべき成果がわかりやすくまとめられており入門にうってつけ。

    ファシグラなど近年よくみかけるトレンドも押さえられ、2018年現在に則した「つかえる」一冊。

  • やっぱりファシリテーションってこういう本を読んだらすぐに行動できる場がないとなかなか自分の中に浸透していかないなと思いました。基本的なことが書かれているので手元に一冊あると参考にする機会が必ず来ると思います。

  • ファシリテーションについてコンパクトにまとまっていて
    入門書としては良い感じだと思った。

  • 東2法経図・6F開架 B1/3A/1398/K

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

組織コンサルタント、日本ファシリテーション協会フェロー。
1960年神戸生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。ミノルタにて製品開発や営業企画、経営企画に従事したのち独立。2003年に日本ファシリテーション協会を有志とともに設立し、初代会長に就任。組織変革、企業合併、教育研修、NPOなど多彩な分野でファシリテーション活動を展開している。ロジカルかつハートウォーミングなファシリテーションに定評がある。

「2018年 『ファシリテーション入門〈第2版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ファシリテーション入門〈第2版〉 (日経文庫)のその他の作品

堀公俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする