ビジュアル 7つの基本で身につく エクセル時短術 (日経文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532119362

作品紹介・あらすじ

エクセル初心者、またはエクセルをビジネスに使う人にとって基本となる65項目。本書ではそれを7つに絞り込み、見開きで解説。その7つとは絶対参照・相対参照、COUNTIF、SUMIF、VLOOKUP、書式・表示形式、文字列操作関数、ピボットテーブルである。

●失敗例なども掲載。マウスを使わない手法も
著者の解説手法は、『会計士が教えるスゴ技Excel』で実証済みだが、それぞれの項目を見開きで解説することで、整理して見やすくしている。類書ではあまり見ることのない「よくある失敗例」なども図で描き、読者の目線に近づいた内容。 一方で著者はマウスを使うことが仕事の効率を落としていることを主張、ノートパソコンが普及している今に即した解説をしている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 他にも色々とエクセルの使い方についての本が出ている中で、この本を選ばなくてはならない理由は無いのではと思う。

    手取り足取りの指導書ではない…

  • 東2法経図・開架 B1/3/1936/K

  • 時短につながるショートカットや関数の紹介。要所要所で見直していきたい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

公認会計士・税理士。一木会計事務所代表。
1968年生まれ。早稲田大学商学部卒業。TKCで4年間プログラマーとして会計ソフトの開発を経験。公認会計士試験合格後、中央青山監査法人に入所し、大手流通や公開準備会社等の監査とアドバイスに12年間従事。2012年に独立。以後、監査・税務業務の傍ら、業務改善アドバイス、Excel活用の企業研修・セミナーを行う。

「2017年 『ビジュアル 7つの基本で身につく エクセル時短術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一木伸夫の作品

ツイートする
×