さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 日本経済新聞出版社
3.82
  • (575)
  • (729)
  • (699)
  • (77)
  • (36)
本棚登録 : 6540
レビュー : 787
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532149475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仮説
    行動経済学とは、人の心理、行動を量的に観察し、経済活動や医療、政治、その他様々な活動にいかすこと。
    例えば、企業のマーケティングにも使われる。コンビニの窓側に本をおき、ぐるっと店内をあるかせたり、デパートの屋上に飲食店を並べ、一度上らせてから、下らせたりする。

  • 弱みではなく、強みとなる才能を活かそう。そしてあなたの強みを5つ見つけましょう。という本。

    確かに、強みを自分で知り、上司や部下にしってもらうことはチームとしてワークするには非常に有効かと思う。

    徐々に広げていきたい。

  • 34の資質の中から、自分の強みを診断してくれる本。
    Web診断は思いの外長いけど、客観的に自分を見られて面白い。ちなみに診断結果は
    「戦略性」
    「収集心」
    「向上志向」
    「社交性」
    「コミュニケーション」

    全く同じ並びの人がいる確率は34P5?
    33390720?計算あってるのかな…
    とにかく、こんな自分にも特筆すべきところがあったんだなぁとちょっと嬉しくなる。
    ただ、どう活かすかは自分次第。

    好奇心旺盛で人が好きで、たくさんの人や物から得た情報の中から必要なことだけを選択するのが得意らしいけど、何に活かせるのかさっぱりわからない。誰か教えて欲しい。
    ちなみにエニアグラムはtype7かtype2

  • 超おススメ

  • 自分のことを言語化してくれていて確かにって感じ。
    下位が変わっていて、達成欲が入ってきた(前は学習欲)
    良いもの作ってもユーザーに届かないと意味がない

    ポジティブ:前向きに仕事を進める、楽しんでいる人がいると周りの人も明るくなる
    着想:物事の結びつきがわかることが情報整理で大事

  • ちなみに、自分の結果は「最上志向」「学習欲」「調和性」「収集心」「コミュニケーション」の順。解説と資質の活かし方を読んでいると非常に腑に落ちた。ラストの強みを土台にした企業組織の築き方は、組織のリーダーや長向けの内容のため、単純に5つの強みを見つけて自分で活かそうとする人にとっては少し退屈かもしれない。

  • 強みを説いた本は他になし。
    そういった意味でも唯一無二。
    ただ、テストを実際に受けないと効果少ないのと認識力を高めないとスタートにたてないのがよくわかる。
    素直さが求められる。

  • 親密性
    達成欲
    回復思考
    運命思考
    個別化

  • 自分のタイプがわかった。
    どう活かすかは次の本なのか・・・?

  • 購入済み 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    頑固さ、神経質といった欠点さえ、それが力を生み出すなら「才能」となる。ビジネスを成功に導く、あなたの強みは何か。

    コーチングの先生に薦められて買ってはいたけど読んでいなかった本。カテゴリー心理学・科学にしたんだけどコーチングってカテゴリー作ったほうがいいかしら?
    とりあえず巻末にコードがついていてパソコンで自分の「才能」を調べるんだけど、周囲の人のものが調べられないのが難点。一人1冊いるの?って思っちゃう。
    自分の強み=才能を5つ挙げてもらったんだけど、自分の中にその要素があるんだけど、だからどうすりゃいいのね?というところで本は終了。
    調べたらストレングスリーダーシップって本が出てているのを発見。これを読んだほうがいいのでしょうね。
    私の強みは「調和性」「学習欲」「内省」「収集家」「慎重さ」でした。ふむ。

    Now,discober your strengths byamarcus Buckingham & Donald O.Clifton

全787件中 71 - 80件を表示

マーカス・バッキンガムの作品

ツイートする