女性ミリオネアが教えるお金と人生の法則

制作 : 春日井 晶子 
  • 日本経済新聞社
3.81
  • (8)
  • (6)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532164959

作品紹介・あらすじ

お金に不自由しない生き方のコツ。金持ち女性の意外な暮らしぶり。全米ベストセラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 稼いでは消費し、稼いでは消費するのサイクルで、消費するために稼いでいるのが普通の世の中で、経済的に自立することとはどういうことなのかが分かり易く書かれていた。
    たくさん服を持っていても、一度に着られる服は1着だし、大きな家に住んでいても、寝るときは1畳あれば済んでしまう。そのことに気づくかどうかで、お金との付き合い方も変わっていくのだろう。
    あれも欲しい、これも欲しいと欲望には限度がないから、それよりも、富を分け与えることで満足感を得られた方が、多くの人が幸せになり、その人自身も良い人生になっていくのだろう。
    大変参考になる本だった。

  • 起こってしまったことを悔やまず、何度失敗しても、その経験から学ぶこと。失敗は、成功へ一歩近づいたしるし
    日、週、月、年単位の、そして人生のはっきりした目標がある。
    男性の多くは、不安を人に話すことは自分が意気地なしだと公言するようなものだと考える。
    毎日が贈り物であるかのように、大切に生きなくてはならない。
    学ぶことをやめてはだめ。すばらしいチャンスをもたらしてくれるから。
    心配せず、解決のために行動する。何事についても腹を立てないこと。
    お金は努力の成果であって、目的にすべきではない。経済的な成功が教えてくれるもっとも大切なことは、自分が稼ぐ以上に使わないこと、そしてつねに貯金し、投資すること。
    ほんとうに「必要なこと」とただ「ほしいもの」との区別をつけなさい。車の価値は、車の本来の目的を考えて判断しなさい。車とは、A地点からB地点まで人を運ぶためのものだ。
    自尊心が高くて家族や仕事に対して満足している人は、お金を使いたいという欲求が少ない。
    物事がうまくいかないときには、そこから学ぶつもりになればいい。へこたれない。ひとつひとつ解決し、慣習にとらわれず、柔軟な心を持つこと。

  • やっぱりそうなんだよなと思う内容。

  • いわゆる”お金”本として、金持ちになりたい、の欲求を根底から覆してくれる一冊で、予想外にいい本でした。
    「成功とは、その人がビジネスですること、その人の道徳観や周囲との関わり、他人への優しさで計られるべきです。お金は努力の成果であって、目的にすべきではないんですから」

    自分に何か欲が芽生えてきたときに(いい意味の欲は別として)ふっと振り返るためにいい本です。

  • お金を使う楽しいこととは、豪邸、高級車、高価な洋服などを手に入れることだと考える人が多いが、女性ミリオネアのほんどは、そこに価値を見いださない。女性ミリオネアが幸せに感じることは、経済的な自立を達成し、自力で裕福になったこと。自分の仕事、家族との暮らし、慈善事業の支援から大きな満足を得ることができる。

  • 一部ノウハウ本のようになっているので、
    2010年の日本に当てはめると
    若干時代遅れ的な部分もあるけれど、
    非常に読みやすいです。

  • アメリカのミリオネアの女性達のインタビューからとった統計結果より、彼女達の生い立ちやライフスタイル等を分析している本。

  • アメリカのミリオネアの女性達のインタビューからとった統計結果より、彼女達の生い立ちやライフスタイル等を分析している本。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アメリカにおける富裕層マーケティングの第一人者。ジョージア州立大学の教授職を経て、ニューヨーク州立大学オルバニー校マーケティング学部の教授となり、1973年にアメリカ全土の億万長者を対象とした初の大規模調査を実施。富裕層向けビジネスを行なう企業や金融機関へのアドバイザーとして活躍。

「2019年 『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トマス・J・スタンリーの作品

ツイートする