探求――エネルギーの世紀 [普及版]上

  • 日本経済新聞出版
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532169534

作品紹介・あらすじ

エネルギー問題の世界的権威で、ピュリツァー賞受賞作の大ベストセラー『石油の世紀』で知られるダニエル・ヤーギンが、福島第一原発事故後の「エネルギーの未来」を描いた超話題作!現代のエネルギー・システムは、どう発展してきたのだろうか?そして未来はどうなるのか?私たちが完全に依存して生活する「エネルギー」の探求についての物語であり、現代人の必読書である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ケインズに代表される国家による経済統制とハイエクに代表される自由市場によるガバナンスという2つの経済思想の相克として20世紀の世界史のパースペクティブを華麗に描き出したダニエル・ヤーギンの「市場対国家」は、自身の読書体験の中でも色あせない記憶として強く印象に残っている。

    さて、本書はもともとエネルギー問題の世界的権威であるダニエル・ヤーギンによるエネルギーを軸とした近現代史の傑作である。

    本書では、
    ・新興国を中心に成長する世界の需要を満たすエネルギーが今後もまかなわれるのか?まかなわれるとしたら、どのようなコスト・テクノロジーが用いられるか?
    ・世界が依存する石油、天然ガス等のエネルギー源調達の安全保障はどのように護られるのか?
    ・気候変動などの環境問題への懸念は、エネルギーの未来にどのような影響を及ぼし、エネルギー開発は環境にどのように影響するのか?
    という3つの主要論点に対する明快なパースペクティブを得ることができる。
    上下巻1,000ページの大著でありながら、これだけの内容が3,000円で知ることができるという点に、驚きを禁じ得ない。何よりも面白いのは、我々が既知のものとしてきた近現代史が、エネルギーという補助線を引くことで、よりシャープなものとして深い理解をすることができるからである。その点で、「市場対国家」同様にヤーギンは優れた歴史家である、と断言できる。

    エネルギー問題に直接の関心があろうとなかろうと、これ1冊でたいていのエネルギー問題に関する論点や歴史を押さえることができる名作。

全1件中 1 - 1件を表示

ダニエル・ヤーギンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ブラッド・ストー...
トマ・ピケティ
ウィリアム・H・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×