刑事たちの夏

著者 :
  • 日本経済新聞社
3.25
  • (3)
  • (7)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532170554

作品紹介・あらすじ

大蔵省審議官の突然の墜落死。事件は警察内部、政界トップをも巻き込む一大スキャンダルへ…。命を賭して腐敗した権力機構と闘う人間たちを描く、あまりにリアルな問題作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1

  • (1998.05.02読了)(新聞連載)
    (「MARC」データベースより)amazon
    大蔵審議官の突然の墜落死。事件は警察内部、政界トップをも巻き込む一大スキャンダルへ…。命を賭して腐敗した権力機構と闘う人間たちを描く、あまりにリアルな問題作。日本経済新聞の連載を単行本化。

  • 久間十義のイチオシ

  • 夏の十日間の出来事。いろいろな視点をその当事者に語らせていることでリアル感が増してるのかな

  • <メイエルストルムあるいは落下の法則>
    呪縛という映画があったが、これも既存システムの腐食に立ち向かう人々の話だ。

    大学生の頃、行きつけの頑固なジャズ喫茶があった。そこで多くの渋いLPを聞いた。良くわからないが、気になるメイエルストルムの渦という前衛的なアルバムを一度聞き、良くリクエストした。リクエストするたびに、マスターは、肩に力入れてんじゃないよというような微笑でリクエストに応じてくれた。当時のジャズ喫茶にはフリージャズのような尖がった観念性を受け入れる雰囲気があったのだ。

    ところでメイエルストルムなのだが、ポーに大渦にのまれてという短編があり、それを素材にしていた。文庫本を探してすぐに読んだ。話は海で大渦に巻き込まれて九死に一生を得た船員の語りだった。彼は未曾有の大渦に呑まれる。船ごと奈落へと引きずりこまれる中、船員はそのプロセスを冷静に観察した。観察によれば、ものの形状によって落下の速度に違いがある。それに基づいて彼はもっとも落下速度の遅い樽に身を括り付ける。

    この警察小説も落下の法則をめぐる物語だ。金融システム、大蔵省、警察システム、マスコミの腐食に伴う殺人事件がその舞台だ。ある意味でこの小説は、とても古くさい。古いという意味は物語の結末があらかじめ予想されるということだ。ハリウッド映画に見事なディテールに満ちているが、結末が古典劇の如く透けて見えるものがある。それでも十分に映画的魅惑に満ちている、ぼくはそんな映画が好きだ。この小説の魅力もそういった古典的構造の中にあるのではなく、靴をすり減らす捜査員、ノンキャリの中間管理職の自然な腐敗、現場の捜査員のあきらめ、警察OBの誇りなどの描写にある。これに比べると既存のシステムに立ち向かう女性検察官、新聞記者は物語の下僕と化していて警察官たちほどリアルな魅力がない。

    新宿歌舞伎町のホテルで疑獄事件に関与している大蔵官僚が墜落死する。その真相を追い詰めようとする捜査官にさまざまな妨害の手が伸びる。とりわけ警察内部あるいはOBからの執拗な妨害が行われる。そんな困難の中で警察というものの理念に忠実な刑事がひとりヒロイックに立ち向かう。日本の組織がそもそもの存在理由ではなく組織存続の自己論理の中で運動をしはじめるというのは、90年代ぼくらが多く目撃してきた事実だ。警察は犯罪の追及ではなく、多くのOBの天下り先の確保という論理によって動きはじめる。

    ぐっとくるのはこんなところだ。

    《白を黒と言いくるめ、そのままで困らないからといって、殺人犯を赦免するようでは、警察なんかなくたっていい。》


    《頭取だか誰だか知らないが幹部たちの弱みを握って、いいように銀行をしゃぶろうなどという気もない。あるのはむしろ、当惑だ。任官以来40年近く、正しいものが正しくあり得る社会にするため、ほんの少しでもいい、お役に立てばいいと願ってきた自分を、何時の間にか自らがおとしめてしまった、この事態に対する当惑だ。》

    システムは大渦と同じで、周りのものすべてをその中心へと向けて呑みこんでいく。逃れるすべはない。あらゆる存在がその中に吸い込まれていく。どうせ落ちていくんだから一緒だと考えるものと、落下の速度を意識するものの生き方には決定的な違いがある。その違いをぼくは倫理と呼ぶ。

    ポーの短編の結末で、落下の法則を理解した船員は生き残るが、一夜にして彼の髪の毛は真っ白になってしまう。結局、大渦の中では、生存者すら無傷ではいられないのだ。

  • ‘灰色官僚’と呼ばれる大蔵汚職官僚がビルから落ちて死んだ。自殺と片付けようとする警察上層部にたてつきながら、事件の真相を追究していく刑事たち。検察、マスコミにまで圧力をかける警視庁、大蔵省、首相近辺の暗いつながりにどこまで近づけるのか。

    なんだか実際の事件を元にしたような話だよね。役人の不審な死とか。取引、かけひき、揉み消し。一体なにを信用すればいいのか。知らないままで過していくのが一番なんだろうな。ただフィクションだなって思ったのは、刑事の恋人とかが取引現場とかに出てきて結局殺されてしまったこと。一般人がそんなに事件に関与することってあるのかな?役所公司、大竹しのぶ主演のドラマ化。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1953年北海道生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業。87年豊田商事事件を扱った『マネーゲーム』で第24回文藝賞佳作。『世紀末鯨鯢記』で第3回三島由紀夫賞受賞。『刑事たちの夏』では警察小説ブームに火をつけ、警察小説の金字塔となる。主な著書に『放火(アカイヌ)』『刑事たちの聖戦』『ダブルフェイス』『禁断のスカルペル』など多数。

「2017年 『笑う執行人 女検事・秋月さやか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久間十義の作品

ツイートする