• Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532170875

作品紹介・あらすじ

「本作り」を目指して会社を辞めた書店アルバイト(『私の人生は56億7000万年』)。地元大阪の実家で暮らす電機設備会社社員(『ハワイへ行きたい』)。友人の夢に乗りアジアに旅立つファッションビル営業職(『絵葉書』)。小三の男の子が家に遊びに来る老舗企業の一般事務職(『ひばな。はなび。』)。妻子あるエグゼクティブと関係を続ける財閥系企業秘書(『雪の夜のビターココア』)。主婦を夢見る中途採用の同族経営会社社長秘書(『クーデター、やってみないか?』)。猫とふたり暮らしのデパート園芸売り場店員(『パキラのコップ』)。IT企業サポートセンター勤務の派遣社員(『憧憬☆カトマンズ』)。29歳独身女性8人の"等身大"の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どストレートなタイトルに圧倒されてふらふらと手に取った1冊。

    去年の誕生日、祝ってくれた先輩から「ニヤニヤ過ごす1年」という言葉をもらった。
    その言葉通りニヤニヤ過ごしてきたし、あと数ヶ月ニヤニヤ過ごすつもりだけど、ずっとニヤニヤしてるわけにはいかないかも?
    というか、どうすれば年相応なのか誰か教えてください。

    祈るような気持ちで読んだけれど、ちょっとだけ突き放された気分。
    悩んでもがいて落ち込んで、折れそうになりながら踏ん張ってる女性に「甘えるんじゃない」と言われたような。
    はい。すみません…。

    いろいろ悩みもあるけど、全然成長出来てないけど、自分のペースでしか進めない。
    もう開き直って死ぬまでニヤニヤしてやろうと思う。

    突き放してくれたこの本に感謝。

  • 一人くらい結婚しててよと思った(笑)みんな仕事頑張ってて、ちょっと羨ましくなった。この本で初めて読んだ作家さんもいたので、他の本も読んでみたいと思えた。

  • 後半に不倫話が連チャンするけど、責任取るとかそういうのがなかったので軽かったな。どれも読みやすかった。
    短編なので仕方ないが「ここで終わるんかーい」とすかん食らった話も何本か。

    ちゃんと読んだことのある作家はいないんだけど、こんな女性作家たちがひねくれた女たちの物語を支えているのか、と知ることができてよかった。作家それぞれの個性が見えづらかったかな。
    独身女が読者対象なのはわかるんだけど、既婚者の29歳の話があってもよかったのでは。ひとつくらい読んでみたかったかも。

    野中柊「ひばな。はなび。」が個人的に好き。
    宮木あや子には笑った。軽妙。

  • 29歳の女性を主人公にしたアンソロジー。

    しかし、なんだってこの歳で彼氏や旦那がいない女はみんな不倫してるみたいな設定ばっかりなんですかね。
    話はそれぞれ面白かったけど、その謎の共通設定だけ意味不明だし、近い歳の人間としてはなんか不満。
    栗田さんだけそういうのと関係ない話でわくわくして特に面白かった。

    山崎さんと野中さんと栗田さん宮木さんのが好き。
    宮木さんはやっぱ女を書かせると安定して面白い。

    再確認したのは、私は本当に柳美里の書く文章が苦手。

  • なんでこんな不倫率高い話ばっかなんだ。笑

  • 2015.8.23 読了

    8人の作家さんの短編集です。

    ちょいちょい 知ってる作家さんがいて、
    興味もったので。

    以前一度読んで、
    1冊ものなら 読まないだろうな、という印象を
    持ってしまったような作家さんもあり、
    読んでみたら 意外と面白く
    逆に また 他の 借りてみようかな、と
    思いました!

    この本は、全員が 29歳、
    いろいろギリギリの女の子が
    主役の話ばかりです。

    それぞれ この頃って こんなだったかなぁとか
    これくらいの年頃は こんな感じの話が
    多くなりがちかなぁとか 思いながら
    読めました。

    やっぱり 宮木あや子さんは 面白い!

  • アンソロジー。柴崎友香さんの「ハワイに行きたい」、山崎ナオコーラさんの「私の人生は56億7000万年」が面白かった!

  • 29歳ってやっぱり何か節目

  • "「本作り」を目指して会社を辞めた書店アルバイト(『私の人生は56億7000万年』)。地元大阪の実家で暮らす電機設備会社社員(『ハワイへ行きたい』)。友人の夢に乗りアジアに旅立つファッションビル営業職(『絵葉書』)。小三の男の子が家に遊びに来る老舗企業の一般事務職(『ひばな。はなび。』)。妻子あるエグゼクティブと関係を続ける財閥系企業秘書(『雪の夜のビターココア』)。主婦を夢見る中途採用の同族経営会社社長秘書(『クーデター、やってみないか?』)。猫とふたり暮らしのデパート園芸売り場店員(『パキラのコップ』)。IT企業サポートセンター勤務の派遣社員(『憧憬☆カトマンズ』)。29歳独身女性8人の“等身大”の物語。"

    よくもなく、悪くもなく。『パキラのコップ』だけ、転結の部分が馴染めなかった。

  • 本が好きで「出版の学校」に通いながら書店でアルバイトをする
    「私の人生は56億7000万年」/山崎ナオコーラ
    周りで結婚・妊娠が相次ぐ中事務をしながら遠恋中の彼氏を思う
    「ハワイへ行きたい」/柴崎友香
    タイでカフェをやろうと友達に誘われ雲南で出会ったカフェを思い浮かべる
    「絵葉書」/中上紀
    ボストンへの転勤が理由で別れた元彼が帰ってくる
    「ひばな。はなび。」/野中柊
    不倫の関係に納得していながらもジムで知り合った男とも逢瀬を重ねる
    「雪の夜のビターココア」/宇佐美游
    結婚相手を探して入った会社で専務から頼みがあると食事に誘われる
    「クーデター、やってみないか?」/栗田有起
    デパートの花屋でパキラを買った男性と恋仲になる
    「パキラのコップ」/柳美里
    PCメーカーのサポートセンターに派遣で務め、不倫をしつつ新配属の男とも仲良くなる
    「憧憬☆カトマンズ」/宮木あや子
    「日経ウーマン」に連載された29歳の女性の生活を綴った短編集。
    ブックデザイン:名久井直子 カバーイラスト:片山エリ

    働く未婚の29歳がこれからの自分について漠然とした不安と期待を持ちながら
    日々を過ごしていく小説集です。
    不倫の多いこと。いい男はみんな結婚しているからって
    そんなことは理由にならないですよね。
    理性でわかっていても好きになればしょうがないのかもしれませんが。
    物語の中だから普通に受け止められるけれど
    もし身の回りのことだったらと思うとやっぱり否定的になります。
    そして「日経ウーマン」読者はこれを読んで共感するのだろうか。

    面白かったのは専務から社長のリコールを持ちかけられる
    「クーデター、やってみないか?」と
    待遇が悪くなるからと正社員になるのを断り続けている
    「憧憬☆カトマンズ」。
    「クーデター、やってみないか?」は
    腰掛で入った主人公がいきなり熱心になるわけでもなく
    結婚相手探しの延長というスタンスを崩さないところに現実味がもてる。
    ただそういう人材をクーデターの仲間に引き入れた専務の目が
    果たして正しいのかどうかは疑問です。
    「憧憬☆カトマンズ」は『野良女』のあけすけ感を抑えた感じ。
    就職氷河期世代というのもあって執着が少なく、
    こういう風に自分の立場を客観的に見られたら人生観変わりそう。

全86件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を、『美しい距離』で島清恋愛文学賞を受賞。その他の著書に『浮世でランチ』『この世は二人組ではできあがらない』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』『反人生』『ネンレイズム/開かれた食器棚』、エッセイ集『かわいい夫』『母ではなくて、親になる』、絵本『かわいいおとうさん』などがある。

「2018年 『偽姉妹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

29歳のその他の作品

29歳 (新潮文庫) 文庫 29歳 (新潮文庫) 山崎ナオコーラ

山崎ナオコーラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
山崎 ナオコーラ
川上 未映子
島本 理生
桜庭 一樹
角田 光代
三浦 しをん
山崎 ナオコーラ
村上 春樹
小川 糸
瀬尾 まいこ
島本 理生
村上 春樹
有川 浩
吉田 修一
湊 かなえ
三浦 しをん
瀬尾 まいこ
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

29歳を本棚に登録しているひと

ツイートする