いま、絶望している君たちへ: パラアスリートで起業家。2枚の名刺で働く

著者 :
  • 日経BPM(日本経済新聞出版本部)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532176624

作品紹介・あらすじ

「ある日、僕は視覚障害者になった――起業家、障害者雇用コンサルタントとして活躍しつつ、全日本視覚障害者柔道大会を9連覇、パラリンピック出場を目指す初瀬氏による語りおろし。
大学時代に突如、緑内障で視力を失い、「死にたい」と思うほどの絶望の淵に立った著者が、パラ柔道との出会い等から生きる力を取り戻し、若手起業家として障害者雇用の世界で活躍するまでを描いたノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本に書いてあることを忘れたくない

  • 視覚障害を持ちながら起業家とパラリンピック柔道選手として活躍している著者の自伝的内容の本。

    今まで出来てきたことが出来なくなるというのはとても喪失感があるしそこから精神的に持ち直すというのはとても大変な事だと思う。

    でも、だからこそそこからひとつずつつかみとっていったものはとても価値があるしかけがえのない財産にもなる。

    障害の話で以外だったのが、最近は目が見えない人でも点字を読める人が減っているとのこと。
    なんで?思ったらパソコンやスマホの普及で音声でのやりとりが普及したからとのことで、なるほどと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

障害者雇用コンサルタント、ユニバーサル・エッジMEDICAL代表、株式会社ユニバーサルスタイル代表
1980年長崎県生まれ。中央大学法学部卒業。2004年、大学時代に緑内障で視力の大半を失う。サンクステンプを経て11年にユニバーサルスタイルを立ち上げ代表取締役就任。コンサルタント業の傍ら柔道を続け、05年~13年全日本視覚障害者柔道大会9連覇。08年北京パラリンピック出場。

「2019年 『いま、絶望している君たちへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

初瀬勇輔の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×