経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)

  • 日本経済新聞出版社
3.70
  • (378)
  • (581)
  • (799)
  • (45)
  • (10)
本棚登録 : 4314
レビュー : 557
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532191429

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8章以降◎

  • エコノミクスはギリシャ語のオイコノミコス(共同体のあり方)からきている。
    もっともっと経済を学びたくなった。

  • 竹中さんが相当、競争肯定派だと知った。こりゃあ、抵抗されるし叩かれるわけだ。でも、これが実現したら強い国になれると思う。

  • 経済について、ぼんやりとしか知らなかったこと(ナスダックとか)を詳しく解説してくれます。難しい言葉遣いでないので読みやすい。ただ、テンポよくすすむ部分も実はもっと根本的なところがわからない…というのはあった。(そこまで解説するとまとまらないだろうから、しょうがないんだけど)

  • お金とは?株式会社とは?労働と失業とは?
    投資と消費の違いがよく分からないと思ったが、会計上では有形資産に使ったお金が投資になるらしい。つまり教育などは消費。
    出口戦略(いつ・何がどうなったら事業を撤退するのか)のむずかしさ。

  • 竹中平蔵と元電通の経済学素人による経済学入門書。

  • #ピタゴラスイッチ #e0655 #e2355 の佐藤雅彦さんと竹中さんの対談。今のところ、おもしろい。

  • 経済のことをもう少し知っておきたいなぁ、と思って、読んでみた。
    最初にハードカバーで出たのが2000年やから、ギリシャクライシスやリーマン・ショックはおろか、9.11すらまだなんだよね。

    そんなに古いのを読んで大丈夫かね?と思ったりもしたが、今でも十分に通用する話が多くて、全然大丈夫だった。

    それだけ、日本の経済が前に進んでいない、ということなのかもしれないけど。。

    それでもやはり古さを感じさせるところは多々あって、ITの話などはまさにその典型。その部分でやはり多少の割引は必要。

    エコノミクスの語源がオイコノミクスってのは、すごく良かったなぁ。

    全体的に読んだほうがいいとは思うけど、そんな古いのは、と思う人は、ブックオフあたりで1~3章だけでも読むといいんじゃないかと。ここだけでもすごく参考になる。

    ちなみに、「オイコノミクス」とは、ギリシャ語で「共同体のあり方」という意味らしい。元々は自分たちの共同体はどうあるべきか、ということを考えていった先に出てきたのが経済という発想だったとのこと。これは含蓄ある言葉だと思う。

    あ、あと佐藤雅彦が「竹中平蔵の言葉で気になったもの」を手書きしてるんだが、それだけをさらっていくのでも十分に価値があると思う。

  • わかりやすい。経済ってそういうことだったのかって感じ。広く薄く世界的なことまで理解ができる本。

  • *****
    竹中さんと佐藤さん、二人がとても素朴に、根源的に、
    世の中について語り合っている本だった。
    経済学的な思考の仕方というのが、時代とともに変化しながら、少しでも良い世界に向かおうと進化している、その一端が感じられるような本だった。
    *****

全557件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。慶應義塾大学教授を経て、現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授。主な著書に『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著・日本経済新聞社)、『新しい分かり方』(中央公論新社)、『考えの整頓』(暮しの手帖社)、『差分』(美術出版社)、『毎月新聞』(中公文庫)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけている、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』『‪0655/2355』『考えるカラス』など、分野を越えた独自の活動を続けている。2011年に芸術選奨受賞、2013年に紫綬褒章受章、2014年にカンヌ国際映画祭短編部門招待上映。‬‬‬

「2017年 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

佐藤雅彦の作品

ツイートする