経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)

  • 日本経済新聞出版社
3.70
  • (378)
  • (580)
  • (799)
  • (45)
  • (10)
本棚登録 : 4312
レビュー : 557
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532191429

作品紹介・あらすじ

あの竹中平蔵と、あの佐藤雅彦がこの地球の経済をやさしくするどく解き明かす、新・経済の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 就職活動をするなかで、自分の経済に対する知識のなさに気付き読みました。あら会社の採用ページにもお薦め本として紹介されてましたね。少し内容は古いところもありますが、経済初心者には分かりやすくて良かったです!値段も安いしお薦め。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「少し内容は古いところもありますが」
      もう10年も前に書かれた本なんだ(単行本が出たのが2000年)、竹中平蔵と別の考え方を持った人と論争さ...
      「少し内容は古いところもありますが」
      もう10年も前に書かれた本なんだ(単行本が出たのが2000年)、竹中平蔵と別の考え方を持った人と論争させて、佐藤雅彦が纏めるみたいなのが読みたいナ。とムチャな事を考えてしまいます。
      2012/07/11
  • ・竹中:多くの国で、本格的な開拓や移住はかなり早い時期に終わっています。日本では封建時代の話ではないでしょうか。
    ところが、アメリカは19世紀の終わりまでずーっと開拓してたんです。開拓をしていたということは、そこに白地地域があったということです。つまりフロンティアがあったがゆえに、アメリカの中に独特のシステムが自然にできあがった。フロンティアを開拓していくのに、国はどうしたらいいかというと、頑張れば頑張るほど儲かるような仕組みを人為的に作っておいてやればいいんです。隣の人のことをかまうより、自分で開拓しろ。そうしたら、この広大な土地は全部自分のものになると。この辺は、すでに村ができあがっていて隣の人と仲良くやっていきましょうというようなヨーロッパや日本とは全然違います。

    ・佐藤:もし世界を同じ通貨で統一すると大変なことになりませんか。たとえば、ここにある弱小国があったとしますね。もし、この国が共通の通貨、ドルとしましょうか、それを使ったりすると、ろくな産業もないから、この国がもっているドルは全部外に出ていってしまいますよね。そうなると使いたくても使うお金がなくなってしまって、国民は、この国で作ったジャガイモも買えなくなっちゃう状態に陥るんじゃないかなと思うんです。
    竹中:そうなるとジャガイモを外国に売るんですね。
    佐藤:ええ、何もなくなってしまうんです。ところが、通貨の統一に参加していない国だったら、少なくとも自分の国でお金を発券して、自分のジャガイモは売り買いできますよね。
    竹中:金融緩和して、金融刺激すればいいですからね。
    佐藤:ええ。全部統一してしまうと弱いところは極端に弱くなるなと思ったんです。
    竹中:だから、さっき言ったように、物や人が動くしかなくなるから、まったく人が住まなくなるとか、そういうことが起こるわけです。

    佐藤:日本の過疎の問題なんかそれと似たようなものですよね。
    竹中:まったく同じです。

    ・竹中:その意味で、今挙げた三つの国には共通項があります。多元主義によるチェック・アンド・バランスが作用しなかったのです。経済における多元主義というのはマーケットメカニズムです。それがタイの場合は外国為替の市場で働かなかった(タイ政府がバーツを対ドルで実質より高い水準で維持しようとして失敗した)。韓国の場合は財閥という特殊に保護したものがあることによって歪められた(ロシアやインドネシアへ海外投資をしており、それが安易で失敗した)。インドネシアの場合はその多元主義が政治の面で働いていなかった(スハルト体制の崩壊)。そういうことだろうと思うんです。

    ・竹中:最初に外国からお金を借りて工場を造ろうという場合、何の工場を作るかということになりますね。
    ソ連が同じような問題に直面したとき、彼らがまず選んだものは鉄だったんです。なぜならば、鉄は産業のコメであるから。鉄を作っておけば、それによって自動車や機械産業もできるはずだ。だからまず鉄を作るべきであると考えたのです。これは一つの考え方です。産業には川上と川下があって、最初に作られるものが川上です。ですから素材は川上です。川上で鉄を作れば、川下で自動車ができるはずだと考える。だから産業というのは川上から前のほうに展開させていきたいということで、「前方連環」の考え方というんです。これを実際にいくつかの国がやってるんですが、歴史的に見て必ずしもうまくいっていない。そうなると、あとは一つしかないですね。
    佐藤:川下から始めるんですね。
    竹中:そうです。たとえば、消費財。これを作れということになりますね。先に消費財を作って、それを伸ばしてから徐々に川上に移っていく。これを「後方連関」というんです。後方連関の方がうまくいくんです。それで実際にアジアの国はこれをやるんです。
    なぜうまくいくかというと、鉄より、まず消費財のほうが必ず需要があるからなんです。需要があるということは必ず儲かるということです。必ず儲かるということは、この消費財を作るときに必要な、ものを供給する、何か中間的なものに対しても必ず需要が発生する。どんどん川上を産業がめざしてのぼるわけです。だからうまく行く。この後方連関のメリットを主張したのがハーシュマンという学者なんですが、現実にある程度の成功を収めました。では、消費財から作るのがいいとして、その中でもどんな消費財を作ればよいか。佐藤さんならどう考えますか。
    佐藤:当たり前かもしれないけど、まずは自分の国に不足しているものでしょうか。
    竹中:その通りなんです。消費財の中でも、特に今輸入しているものを作る。それで競争力をつけたら、今度はそれを輸出できるようにする。これを輸入代替から輸出代替と言うんです。

    ・佐藤:たとえば「任天堂のファミコンがなぜここまで大ヒットしたか」っていうと、あれ、僕はテレビが各家庭にあったからだと思うんです。僕、それ「コバンザメの法則」って呼んでるんですけど。もし巨大な市場のものがあったら、それに付随するものっていうのは、最低限大ヒットするんですよ。携帯電話がこんなになったから、携帯ストラップのようなモノでも大きな市場になるんですよ。

    竹中:それを経済学の用語で表すと、「補完材と代替材」という考え方になります。「補完材」というのは、「コーヒーが売れればクリープが売れる」という関係です。これに対して、代替材というのは、新幹線に乗れば飛行機には乗らない―。つまり、新幹線か飛行機かという関係です。さっきのゲームは両方の面があるのかもしれません。
    佐藤:ああそうですね。「放送の代替」と「テレビの補完」ですね。

    佐藤:労働って何だろうと考えると、えてして経済行為としての労働というより、働くことの意味とか、自己実現としての仕事とか、そういう人生的な方向にどうしてもいってしまいがちですね。確かに自分にとって働く意味とはなんだろうとか、どんな職業に就くのが幸せなのだろうかと悩んだりすることもいいと思うんです。
    だけど、僕はそれをあえて「贅沢な思い」と思ってるんです。本当はそこで迷うことは正しいんでしょうけど、何だか贅沢な感じがするんです。だってついこの前まで、日本人のほとんどが「生きるため」に働いていたわけですよね。
    …だから僕は、ここでは人は何のために働くべきかとか、労働は美しいとか、そういった形而上の解答じゃなくて、経済学的な解答を知りたいんです。税制が共同体のあり方を変えるように、労働や労働の制度が人間のあり方や社会のあり方を変えることも当然あるだろうし、もしそうであるなら、税に公平、中立、簡素という三つの原則があったように、労働とはこうあるべきだという理想論が経済学にはあるのか…。
    竹中:面白いですが、すごく難しい問題ですね。ケインズという学者がいました。20世紀を代表する偉大な経済学者ですが、彼は経済学者の仕事なんか全然大したことないと公言してたんです。経済学は要するに虫歯の治療みたいなもんだ。虫歯がなくなれば、歯医者の仕事はなくなる。だから、みんなが食べていけるようになれば、経済学者の仕事なんかなくなる。つまり食べていけるかどうかを問題にしているうちはそれなりに幸せで、そこから先、衣食住がある程度満ちて、自分はどう生きるか、自分の幸せとは何か考えはじめたら、こんな厄介なことはない。だから、経済学者の仕事が終わったときに、実は本当の人間の問題が始まる、という言い方をケインズはしているんです。

  • 一応再読という形にはなると思うが、経済に関してまるで無知の自分は何度読んでも新たな発見がありそう。経済が身近になる良い本。

  • これは家に置いておきたい。そして5年か10年ごとの時事ネタを交えた更新版を出して欲しい。

  • 貨幣と信用、税金の話、起業とビジネス、競争と共存の話。
    とても面白い本でした。
    医療関係者の自分には、新鮮な知識と考察だったと思います。

    エコノミクスは共同体のあり方
    暴走するジェットコースター
    健全な競争と無意味な競争
    competitiveとcompetent(本質と表面的な競争の対比)
    ドッグイヤー、「寿命は少し伸びたけれど、目の前の景色の変化はもっと速く、それでしんどいという面はある」
    プロフェッショナリズム「日本が生きる道というのは、プロフェッショナリズムを一人一人が身につけて行くことしかない。」

  • 小泉純一郎さんが総理大臣の頃に、ハードカバーで出版されて話題になっていたと思う。そのときは何となく「ふーん」と思っただけで、経済なんてかたっくるしいと言う先入観で、読まずにそのまま時間が流れた。最近たまたま文庫になって書店の片隅にあるのを見つけて、何気なく手にとって読み始めると、とても身近で入りやすい話題で経済についてかみくだいて解説してあって、本当にタイトルどおり「そういうことだったのか!」という感じだった。たぶん中学生でも読みやすいと思う。何度でも読み返したくなる経済入門書。

  • 初版が2002年のため、情報としては古いものも含まれるが、普遍的な知識になり得るところもあり。
    税金・アメリカ・円、ドル、ユーロの章など。

  • 購入者:亀井
    竹中平蔵氏が経済を分かりやすく解説してくれている。分かりやすいように会話を引き出してくれているのはコイケヤのCMやだんご3兄弟などを手がけたメディアクリエイター佐藤雅彦氏。生活の身近なことを例に経済が描かれているので、知っていたけど難しい本が苦手という人におすすめです。

  • 12年前発売の本

    でも、経済原理は変わっていない。

    アクアラインがコンクリート業界と鉄骨業界の妥協の産物というのが、印象に残る。

  • 単行本で人気だった当時に買ったのに、ちっとも読めなくて今頃読みました。
    12年前で、スティーヴ・ジョブズも彼岸の人だし、ユーロの現在もだいぶ変わっています。
    でもそういう時間が過ぎたせいもあって、余計にこの本が今も面白く読めるのですばらしいと思いました。

    アメリカという国の成り立ち、ソ連とアジアの経済活動のコンセプトの違いなど世界のこともわかりやすく、なるほど!とわかるし
    何より経済「お金儲けをどう考えるか」ということを考えるのに役立つ。
    答えがあるのではなく、対談している二人の会話から、読者も考えることができるのではないでしょうか。
    経営者とそうでない人の違い、剃刀の会社ジレットの会長の思考など、そうだったのか!と楽しいわかりやすい、ためになる話も豊富です。
    M&Aなども言葉の意味は知ってるけど、どうしてそういうことをする必要があるのか、改めて理解できました。

  • ばかぼんのぱぱみたいな顔した竹中大臣がものしり顔で答える。
    あ、その竹中さんか!とわかったのは、まさにあとがきで、フルネームが
    でてから。
    まことに注意力散漫である。
    3章あたりからは一気に読んでしまった。
    経済学部だったくせにまったく把握していなかった、己の不勉強さを呪う。
    これくらい基本的なことは語れるようにしなくちゃと思う。
    定期的に経済の本を読んでいこうと誓った26の初夏。

  • 経済に関する知識がないというコンプレックスから手にとった本。
    税金や株、外貨などのあらゆるトピックを、平たい言葉で読みやすく分かりやすく討論していて、入門書としてとても良かったです。
    ぜひ再読して理解を深めたいです。

  • コンパクトだけど大切なことが凝縮して書かれている。

    人間が考えるということは抽象的なことだ。
    抽象化しないと本質を考えることはできない。
    抽象化はある程度のプロセスで必要だが、やり方を間違えるととんでもない議論をしてしまう。すべての学問に共通している怖さ。

    経済学で人間うぃ要素に還元すると欲望になる。
    経済を見る目の原点は「世の中」

    サラリーマンの3割が所得税0。491万未満

    どちらが優れているかではなく、どちらが先に市場を制したか

    他人の土俵で相撲を取ると対等に見える。
    資生堂とカネボウ10対1。電博、カルビーと湖池屋

    市場では価値は認められないけれど、私とあなたにとってはものすごく価値のあることは、間違いなく世の中にある。

  • 素晴らしい!子供でもわかるし、いやみがない。情報は古くなっているのかもしれないけど、本質的なことがよくわかる。名著ですね。対談というところもわかりやすい一因だと思う。

  • とても面白かった。不案内なジャンルなので新しいことを多く知ることができた。
    佐藤さんの絵や話の雰囲気、着眼点のために、リラックスして心地よく読める本であるとおもう。
    暮らしの中で、じぶんの関心のある事柄の変わる時々につれて新しい発見がありそうだとおもう。また読み返したいとおもう。

  • 経済学部卒業なのに、経済学に弱いワタシ…。
    この本は、基礎的な内容を平易に、分かりやすい例で書いているので、
    とても読みやすいです◎
    経済学初心者に、オススメ!

  • これが20年も前の本だというから、まあ驚き。
    なんて耐久力のある本なんだ。
    分かりやすく小気味好く、でも、さらりと核心を突く会話は非常に読みやすかった。
    富を増やすのはキャピタルゲイン、そこからアニマルスピリットや資本主義の概念についての流れで、改めて、なるほどと唸る。
    後半の需給バランスやイノベーションという飛び道具も、しっかり理解できる。
    2019年の世界経済と重ねながら、自分なりにアップデートして考えてみると、更に広がる。
    アメリカやアジア諸国、キャピタリズムのパワーバランスも変化しつつある。

  • 経済学を実際に起きている事象から考察できる良書。タイムリーに読んでいたら文句なし★5、ぜひ2019年版を!!

  • 冒頭の牛乳の蓋の例えがなかなか秀逸と思う
    為替やアジア経済の話は特に分かり易くてよかった


  • ピタゴラスイッチ監修の佐藤雅彦先生と国務大臣、経済財政政策担当大臣←漢字で書くとすごいね!(当時)の竹中平蔵さんによる経済入門書。

    対談形式であること、ピタゴラ生みの親であることなど踏まえ、そんなに集中しないでも読めました。

    いただきもの。(おやつとのみものも)

    「成熟したマーケットはリスクを取らないと、リターンは得られない。」という名言も出つつ、貨幣と信用、税金のはなしとかわかりやすくて、高校生や中学生に良いかなと。

    かなり前に読んだけど、仕事用にちらりと再読。

  • 大変わかりやすく、読みやすい。

  • 株価がどう決まるか
    = 配当は(年に1度しか)上がらないので,株価が上がると利回りは下がる.その利回りが銀行や国債の金利と一致したところで株価の上昇は止まる
    お金は需要と供給

    税金
    応能負担(払える人が多く払う,所得税)応益負担(受け取った物に対して払う,消費税)
    金持ちだけでなく,全員で負担する必要があるのでは?(= 今は格差が大きいので,たくさん儲けた人が多く払うべきだと思う)

  • だいぶ前に読んだのだけど、めちゃくちゃわかりやすくて面白かった印象が。対談形式でイラストがついていたりと、読みやすさは抜群だと思います。
    なぜこうなの?という、さり気なくも核心を突く質問に対して、例でうまく説明して・・・あぁそういうことだったのか…とタイトルどおりに納得。経済学とか難しく構えることもないかな。
    竹中氏は立場上いろいろ言われたりした時期もあったけど、こんな優秀な人が今の政界にいてくれればいいなぁ、と考えたりもしてしまいます。
    (過去の読書記録登録のため評価なし)

  • exit strategyなる概念を学びました。その他は得るところ無し。わかりやすればよいってわけじゃありません。

  • "慶應義塾大学の佐藤雅彦さんと当時の国務大臣、経済財政政策担当大臣の竹中平蔵さんの二人の会議形式(対談)経済のしくみをわかりやすく解説したもの。
    お金、税金、株、通貨(円、ドル、ユーロ)などについて解説しています。勉強になりました。"

  • エコノミーということばの起源が「みんなが幸せになること」だったというのは意外だった。今はあまりに乖離してしまっている感がある。 最初は読みやすかったが、ところどころ説明不足を感じる箇所もあった。対談相手がもう少し素人でも良かったかも。ただこれは読み手(自分)の知識不足によるもの。 全体的にはわかりやすく、少し深いところまで知ることができて満足の一冊であった。

  • 分量多いけど、飽きずに読めた

  • なかなか面白かった

  • 経済はオイコノミコスというギリシャ語で表現されるように、共同体のあり方を指し示すものだということは非常に面白かった。そういった視点を経済に持った時、様々な制度が今の人間社会を作っているのだと気付いた。特に税金が共同体を変化させるのに大きな影響を与えているということは今まであまり意識してこなかったので勉強になった。この本が出版された時から10年近く経っているが日本の状況は大きく変わっていないように感じる。しかし個人としてできることはまだまだたくさんあるし、それは特に金融や経済を学ぶことで得られると感じた。ソニー創業者の井深さんの言葉が非常に重かった。

  • 経済の基本的な事を知る意味では良書。大学生から20題に勧めたい一冊。

    ※日本の株式会社はコーポレートガバナンスが効いていない(経営と所有の分離)よって配当しなくて良いから内部留保があり、設備投資ができた。
    ※良い税とは①簡素②公平③中立である事。そこで公平というものの捉え方。→垂直な税、水平な税。応能負担か王駅負担か。
    ※アメリカで経済を語る時、要素還元的に見る→本当は複雑系で見ないといけない。
    ※アメリカ→ニューワールド、フロンティア、多様性
    ※多元主義は間違いを防ぐシステム
    ※教育はコンセプトとしては投資であっても会計上、税法上消費である
    ※日本のサラリーマン経営者はデグジットストラテジーを考えていない

全557件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。慶應義塾大学教授を経て、現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授。主な著書に『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著・日本経済新聞社)、『新しい分かり方』(中央公論新社)、『考えの整頓』(暮しの手帖社)、『差分』(美術出版社)、『毎月新聞』(中公文庫)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけている、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』『‪0655/2355』『考えるカラス』など、分野を越えた独自の活動を続けている。2011年に芸術選奨受賞、2013年に紫綬褒章受章、2014年にカンヌ国際映画祭短編部門招待上映。‬‬‬

「2017年 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

佐藤雅彦の作品

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする