経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞社
4.24
  • (280)
  • (191)
  • (119)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 1443
レビュー : 141
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532191658

作品紹介・あらすじ

変革をリードする経営パワーを持つ人材が枯渇している。倒産寸前の会社に若き戦略型リーダーが舞い降りて、ついに成長企業に蘇らせる!実話に基づく迫真のケース。前著『戦略プロフェッショナル』より進んだ戦略手法の応用から抵抗勢力との闘い、リーダー育成法まで実践解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三枝3部作第2弾!
    今度は倒産寸前の企業を再建するストーリ!
    キーワードは「戦略的企業家精神」

    経営パワーの危機というところで、なるほどと思うところは
    「開発、生産、営業などのすべての機能を統合して総合的な経営判断をしている人がいない」
    「事業部制と言っても、幹部が営業や購買などの機能別の仕事に埋没している」
    「組織が細分化され責任レベルが後退している」
    などなどと解説していて、優秀な人材が職人化してきているとのこと。
    組織の巨大化、機能別組織の弊害によって経営者的人材が育っていないとのこと。

    本書はその辺のところをテーマに若い主人公が倒産寸前の会社の再建に奔走する姿を描いています。
    やはり、実話を基に描かれていますが、「戦略プロフェッショナル」よりもさらにリアル!
    今回は人間関係のどろどろっとしたところも描かれ、組織内の政治的駆け引きみたいなところも出てきます。
    さらには、ハッピーエンドで終わると思いきや、主人公の暴走? からさらなる教訓を出すところまで描かれていて、物語としても充実の内容です(笑)

    本書によれば、40代半ばまでに、一度実際に経営経験を一通りさせて、それを2サイクルまわすようにして経営者を育成していくとのこと。すごい

    これも必読!

  • 評価がいいのが納得でした。

    小生は筆者を知らなく積読の中で後回しをしていたが、
    実際にあった企業を元に作られたそうで、
    そのドラマ性のストーリーと書きぷり、文章表現が非常に巧妙であり且つ解説などが詳しく非常に楽しく読み進めることができた。
    次どうなるのか気になる進め方で非常に効用な本だと思いました。
    筆者他の「戦略プロフェッショナル」や「「V字回復の経営-2年で会社を変えられますか-」も気になる所。
    巻末で紹介していた他本も気になる所。

  • 会社を立て直す方法というよりも、トップマネージメントを初めて経験する人がおちいりやすい問題や悩みが物語を通して記載されており、学ぶことが多かった。また、日本企業がトップマネージメント層を育成することの大切さについても学ぶことができる。

  • 三枝匡氏のビジネス小説仕立ての経営理論3部作。3作とも独立したテーマであるが、個人的には本作が一番気に入っている。年代も近い主人公で共感するところが多かったように思う。本作では戦略という言葉がよく飛び交っていた。戦略的と言えば、いかにもかっこ良いし、難しい特別なことを考えている風でもある。ただし、立ち止まって考えてみれば、戦略なんて難しいものではない。簡単な言葉で言えば、納得的な順番で物事を粛々と進めましょうというものだということが、ストーリーを通じて身にしみたわかった。

  • @kambe_ryo: 三枝さんの本を改めて読んでる。学生の時も積読していたが、今読むと実感度が全然違う。そして、まさしく、本の中で書かれているようなことが僕がしなくてはいけないこと。夢にまで見た三枝さんの本の世界に身を置けていると考えると、ワクワクする!

  • 全力でおススメ

  • 熱い

  • 日経ビジネス人文庫

  • 三部作で一番実践的だった気がする!

  • リアルな経営判断が続くストーリー、その中に散りばめられた著者の注釈、主人公の戦略的判断、その目標に向かって共通言語となるツールや思考法を浸透させひとつの組織を作ってゆく過程、それらのすべてが参考になり考えさせられる。

全141件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社ミスミグループ本社取締役会議長。
1967年一橋大学経済学部卒業。三井石油化学を経て、ボストン・コンサルティング・グループの国内採用第1号コンサルタントになる。スタンフォード大学でMBAを取得後、プロ経営者を目指し、30代で赤字会社2社の再建とベンチャーキャピタル会社の経営をそれぞれ社長として経験。40代から16年間、不振企業の再建支援を行う「事業再生専門家」として活動。2002年ミスミ(現ミスミグループ本社)社長CEOに、08年会長CEOに就任し、14年より現職。同社を社員340人の商社からグローバル1万人の国際企業に変身させた。一橋大学大学院客員教授も務める。著書に『戦略プロフェッショナル』『経営パワーの危機』『V字回復の経営』(いずれも日本経済新聞出版社)など。

「2016年 『ザ・会社改造』 で使われていた紹介文から引用しています。」

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

三枝匡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
デール カーネギ...
グロービス・マネ...
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする