東大講義録 文明を解く I (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.23
  • (8)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532195632

作品紹介・あらすじ

「人口、技術、資源の三つが『文明の犯人』、そして四番目は?」「日本はどこで間違えたのか。現在の危機に照らして考えてください」-。作家・堺屋太一が1980年以降に生まれた世代に向けて、文明の由来と未来について語った講義録。「社会の原理がみるみるわかる」「明日を読む力が身につく」と東大生も感動した内容を公開。ベストセラーの文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4〜5

  • 経済面からの歴史の見直しは新鮮で、まったく新しい見方を得た。
    16世紀に世界各地でイノベーションが起こっていたとの見方も面白い。 全ては貿易を通してつながっていたのだろう。

    知化社会とはいわばファッション業界。 だからこそこの業界への投資を会社が進めないことが理解できた。 従来の工業化社会の価値で企業の値打ちを測れないことが問題なのだろう。

  • サイコウ。こうやって歴史を流れにして今にどのようにして至るのかが非常によくまとまっていて大変オモシロかった。
    世界や日本はこのような流れで発展、衰退して来た。それでは次どうなるのか。
    未熟な自分は、流れがわかっても、次に何が来るのかという発想を生み出せる力がないのが悔しい。。

    堺屋氏は、歴史家を差し置いて、自説を展開していくが、その論拠はどこに端を発しているのだろう、と気になった。そして、その研究の仕方を教えて頂きたい。

  • 『知価革命』以来、20年ぶりくらいで読んだ堺屋さんの本。
    「1000年に1度の地震」とか「100年に1度の不況」とか長い時間の中で語られる事象が続く中(不況は?)、“人生の正午”を迎えた身としては、今の日本、今の自分の立ち位置を確認したくなる。
    この本はそんな欲求を満たしてくれる本だ。
    勤務地の大学で学生への推薦本となっているのにも納得。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1935年,大阪生まれ。東京大学経済学部卒業後,通産省に勤務。日本万国博,沖縄海洋博などを手がける。1978年退官,執筆評論活動に入る。著書に『油断!』『団塊の世代』『知価革命』『組織の盛衰』『平成三十年』『東大講義録』などのほか,『峠の群像』『豊臣秀長』『俯き加減の男の肖像』『秀吉』などの歴史小説がある。経済企画庁長官,内閣特別顧問などを歴任,現在東京大学先端科学技術研究センター客員教授,早稲田大学大学院客員教授。

「2018年 『東大講義録――文明を解く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堺屋太一の作品

東大講義録 文明を解く I (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする