東大講義録 文明を解くII―知価社会の構造分析 (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.18
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532195656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 氏の言うとおり、近代工業社会から知化社会への移行は必然の流れのように思える。
    多くの分野でファッション化が進んでおり、従来の大量生産だけでは十分ではなくなっている。 

    こうした状況から、いつまでも「ものづくり日本」とか「匠の技」とかマスコミで持ち上げている状況は非常に良くないと思います。 過去の成功体験から抜け出せない状況が続いており、そろそろ本気で皆次の一歩を考えるべき。
    こうした観点から氏の指摘するゾーニング等は直接経済に影響しそうにないものの重要なポイントと考える。

  • 知価革命。
    次に来るのは国境や国籍、身分をも越える「好縁社会」であり、時間産業(小説、映画、テレビ、観光旅行、スポーツ、医療、介護、生命、自動車保険、職場清掃、代行業、損害保険、事務アウトソーシング)や知識産業(学校、学習本、個人レッスン、知識、ノウハウなど知識情報、企業研修、技能訓練、企業情報、技術開発)が伸びるという。

    個人的には、それで日本国の経済をまかなっていくことができるのか、と思う。人口減少社会で日本が世界に対して存在感を発揮していくためには、クリエイティブなことを、人々に経験や体験を提供できるものを創っていかなければいけないと思う。それがどれほどの経済効果を発揮することができるのかというのはまだ全然わからない。

  • 堺屋さんは「知価革命」とか「規格大量生産型社会」など新しい言葉を創出しているが、本書では職縁社会の次の社会=「好縁社会」について学んだ。

    「好縁社会は第一義的に「情報」で生まれる「情報共同体」であり、」好みを全うする「消費共同体」であり、」主観的欲求を満たす「楽しみ共同体」です。これらが世の中の主要要素になると非常に違った社会が生まれるでしょう」(p209)。

    また、「日本を復活させる唯一の道」は「官僚制後の改革」とのこと(p250-252)。
    脱官僚を標榜して政権交代した現状を鑑みると、この改革は容易ではない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1935年,大阪生まれ。東京大学経済学部卒業後,通産省に勤務。日本万国博,沖縄海洋博などを手がける。1978年退官,執筆評論活動に入る。著書に『油断!』『団塊の世代』『知価革命』『組織の盛衰』『平成三十年』『東大講義録』などのほか,『峠の群像』『豊臣秀長』『俯き加減の男の肖像』『秀吉』などの歴史小説がある。経済企画庁長官,内閣特別顧問などを歴任,現在東京大学先端科学技術研究センター客員教授,早稲田大学大学院客員教授。

「2018年 『東大講義録――文明を解く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堺屋太一の作品

東大講義録 文明を解くII―知価社会の構造分析 (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする