精神科医がすすめる“こころ”に効く映画―シネマ処方箋 (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532196196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「若い人の言っていることが理解できない」
    「世渡り下手な自分が嫌になった」

    年間100本以上の映画を観る精神科医が悩みに合わせて映画を処方。『フォレスト・ガンプ 一期一会』や『海辺の家』など、おなじみの映画も多数収録。映画を通して自分と向き合ってみませんか?(院生アルバイトスタッフ)

  • 映画が大好きな精神科医による 映画ガイド

    特に後半は、統合失調症やパニック障害など、
    いわゆる「こころの病い」を描いている映画が紹介されていて
    とても興味深い

    紹介されている映画は 割とよく知られている映画が多いので
    レンタルするのも簡単そう

    難を言えば、1953年生まれの著者が選んでいるせいか
    ちょっと昔の映画が多いかな・・

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

筑波大学医学医療系災害精神支援学教授。医学博士,精神科医。

「2016年 『十代の自殺の危険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋祥友の作品

ツイートする
×