人を生かす 稲盛和夫の経営塾 (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
3.75
  • (14)
  • (25)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 287
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532196240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 経営者は人一倍努力する。現場に入り込み率先垂範をする。社員を大事にするから叱る。人格を高めよ。など耳の痛い話のオンパレード。はい、頑張らさせて頂きます。値付けは経営だ!儲けとは信者を作ること!という面白いワードをゲットしました。"

  • 「誰にも負けない努力をする」
    それは社員に対してではなく、あくまで経営者のみなさんに言ってるのです。または役員や部長、いわゆる企業の中のプロといわれるような人に対してのもです。

  • 「盛和塾」の塾生(だいたいは社長さん)から発せられた質問に、稲盛さんが答えているところを見られます。

    これ、自分だったらどうしたらいいかな、と悩みます。でも、塾長からの答えは明確です。ほんとにスゴイのヒトコトです。

    こんなに明確に答えてくれるなら、塾生がどんどん広がってくるのも当然のことだと納得させられます。

    人のうえに立つと、悩み、孤独を感じる分、ずばっと本質を言い切ってくれる存在を求めたくなります。
    それが雲の上、当代随一の経営者からのものであればなおさらありがたく、素直に受け止められるのかもしれません。

    それが目上とか目下とか関係なく、本質を素直に受け入れられる人でありたいと感じます。自省をこめて。

  • 稲森さんの経営問答シリーズの一冊。名著。

    <メモ>
    ・人間は感情の動物であるため、経営者は素晴らしい心理学者でなければならない。働く人の気持ちがどう揺れ動くか読めないと経営者に入らない。
    ・利は現場にある。現場で利益を出せるようにしていかなくてはならない。
    ・管理の穴をついて、実情を想像し、指摘する。追求する。トップ自身が現場をよくわかっていないとだめ。
    ・夢は成長の推進力。仕事の意義を説き続ける。
    ・人は報酬では動かない。心で動く。高い目標を掲げ、様々な困難を乗り越える中でこそ喜びややりがいを感じる。将来に向けて大きな夢を描き、仕事の意義を明確にし従業員の心に火をつける。これこそがリーダーに与えられた役割。
    ・小さな組織でもリーダーは自部門を守らなければならない。自ら事業計画をたて、その達成に向けて必死に努力するようになる。リーダーに権限を委譲して任せっぱなしにしないこと。厳しく指導しながらも深い愛情を持って部下に接し、リーダーとしての成長を見守る。活躍の場を与えることで経営者意識を持つ幹部を育てる。リーダーの人間的成長を促す。
    ・任せると言って任せっぱなしにするのは下の下。任せたといい経営責任を担ってもらい、その結果を厳しく追求することが必要。部門の経営責任を担ってもらう前提として、トップと同じ価値観、判断基準を共有していなければならない。
    ・企業のトップとナンバーツーの差は外見的にあまりないように見えるが、責任のはば、重さたるや雲泥の差がある。
    ・利益を出していくには売れる値段で売るのではなく、自分でこうあるべきと考えた値段で売らなければならないはず。値決めは経営であるということ。社長や第一線に立つものは自分の能力を100%企業に注入できて初めて社長でありトップ。
    ・会社をまとめていくためにはあなたが社員の人たちをモチベートしていくことが必要。この会社をどういう方向へ持っていきたいというビジョンを明確に作らなければならない。みんなに参画してもらうので爆、経営者自身が作るビジョン。具体的な計画については皆を巻き込む。
    ・リーダーの役割10か条
    1事業の目的・意義を明確にし、部下に指し示すこと
     社会的な意義が伴う目的の方が人は力を発揮する。
    2具体的な目標を掲げ、部下を巻き込みながら計画を立てる。あらゆる機会で皆へ伝えていく
    3強烈な願望を心に抱き続ける。強い願望を従業員と共有することで目標を達成できる
    4誰にも負けない努力をする。人間はもし成功を願うならば、それ相応の自己犠牲をしなければならない。
    5強い意志を持つ。強固な意志を持ったリーダーでないとその集団は不幸になってしまう。
    6立派な人格を持つ。ベーシックな倫理観を堅持すること
    7どんな困難に遭遇しようとも決して諦めない。
    8部下に愛情を持って接する。優しさと厳しさで接する。
    9部下をモチベートし続ける。
    10常に創造的でなければならない。深く考え抜いた苦しみの中から創造は生まれ出るもの

  • ■2017/01/22読了。2回目。
    ■あらすじ
    副題は稲盛和夫の経営塾とある通り、盛和塾における経営問答16件を文庫化したもの。
    ■コメント
    稲盛和夫氏の回答は、どれも全うなもの。だからこそ、その当たり前のことをすることの難しさなんだと思う。リーダーが誰よりも働き、従業員のや物心両面の幸福を願い、周りを叱咤激励しながら、社会貢献に向けて邁進することの大切さを説いている。

  • 2016/9/28

  • 20150903

  • 久しぶりに稲盛さんの経営学を学ぶ。
    リーダーの役割:
    具体的な目標を掲げ,部下を巻き込みながら計画を立てる
    強い意志を持つ
    立派な人格を持つ
    部下に愛情を持って接する

    0から京セラをここまで大きくした稲盛さんの言葉だから説得力があるな。

  • ぶれない哲学を持つ事を常に目指していきたい

  • 組織を大きくするには人を育てる事が重要であることが、作者の実体験を通して重みのある言葉として伝わる。
    ただ、経営者からの質問へに対する回答という形式で進んでいくが、質問が似通った内容が多い。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年には日本航空会長に就任。代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。
著書に『生き方』『京セラフィロソフィ』(ともに小社)、『働き方』(三笠書房)、『考え方』(大和書房)など、多数。

稲盛和夫オフィシャルホームページ 
https://www.kyocera.co.jp/inamori/

「2019年 『心。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人を生かす 稲盛和夫の経営塾 (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

稲盛和夫の作品

人を生かす 稲盛和夫の経営塾 (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする