キャピタル 驚異の資産運用会社 (日経ビジネス人文庫)

制作 : 鹿毛 雄二 
  • 日本経済新聞出版社
2.17
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532197735

作品紹介・あらすじ

長期投資で快進撃を続ける運用会社、キャピタル・グループ。全米屈指の投信会社であるにもかかわらず、極度にマスコミを避け、宣伝をしないことから、その実態はあまり知られていない。本書では、卓越した投資戦略、複数ファンドマネジャー制、長期評価を軸とする人事・報酬体系など、他社とは一線を画した手法で成功した経営の秘密に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投資に失敗は避けられず、しかもその失敗は常に誰の目にも明らかになる。だからそれを乗り越えられる気持ちの強さが絶対に必要だ。

  • 組織論といった趣。
    長期的に成長する投資会社の社内風土のようなものを示している。
    フラットな組織だったり、決断を急がせすぎなかったり、和を大切にしたり、一人のスターに依存しない体制を整えたり、曖昧さを許容したり、人材の成長や適材適所を重視したり、といった特徴が挙げられる。
    投資本ではないです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ホワイトヘッド財団理事長
1937年生まれ。資産運用分野における世界的重鎮。エール大学卒業。ハーバード・ビジネススクールで最優秀MBA、ニューヨーク大学でPhD取得。1972年にグリニッジ・アソシエーツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、金融会社、投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングで活躍。2001年6月、代表パートナーを退任。この間、全米公認証券アナリスト協会会長などを歴任。

「2018年 『投資の大原則[第2版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャピタル 驚異の資産運用会社 (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

キャピタル 驚異の資産運用会社 Kindle版 キャピタル 驚異の資産運用会社 チャールズ・エリス
キャピタル 驚異の資産運用会社 単行本 キャピタル 驚異の資産運用会社 チャールズ・エリス

チャールズ・エリスの作品

ツイートする