サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版
3.82
  • (25)
  • (29)
  • (27)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 499
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532198022

作品紹介・あらすじ

〇2011年7月に日経BP社から刊行された同名書の増補文庫化。本書はサイゼリヤの創業者会長である正垣泰彦氏の『日経レストラン』誌連載「土壇場の経営学」をベースに書籍化したもの。

〇「安心感を与える値付け」「ヒットを生む2つの大原則」「儲かる店を作る財務」「値下げの限界点を見極める」「多店舗化のポイント」「人材の育て方」「自社の強みをどう磨き抜くか」といった、経営に携わる誰もが直面する課題について、正垣氏がその解決策をズバリ答えている。

〇タイトルの意味は、「自分の店の料理が美味しいと言ってはいけない。なぜなら、自分の店の料理をうまいと思っていたら、売れないのはお客さん、景気が悪いということにしてしまう」ということ。「良いものは売れる」という考え方は昔の天動説と同じであり、もう改善を進められなくなってしまうと自らを戒めている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (エッセンス)
    ・お客様本位
    ・金儲けでなく、社会貢献ありきが商売の在るべき姿。明確なビジョンの提示、サービスを提供する側も受け取る側も幸せになれる組織作りを。
    ・失敗も成功もない、そこにはいつも実験結果があるのみ。一喜一憂せず飽くなき成長への試行錯誤を繰り返すべし。商売は科学的な実験と検証により大きくなる。
    ・うまくいかないときに外的要因のせいにしない。無駄なコストの削減が大切。
    ・数値化、標準化、分業。それらの仕組みづくり。
    ・なぜ自分はそれを問題と考えるか?を考える癖づけを!

  • 表題のとおり会長さんの信念が散りばめられてます。
    書かれていることはシンプルかつ具体的で、連載物をまとめてるのでテンポよく読めました。
    知ってる会社の経営哲学に触れるの面白いな。

  • サイゼリヤ創業者の経営哲学。チェーン店の経営者のことばは、誰が読んでもわかりやすくシンプルで一貫している。何十年も試行錯誤して自分の手で切り開いてきたもの。
    お店をやっている人、会社を経営している人、大いに学ぶところがあるのでは。

  • サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ。私はグルメ気取りでファミリーレストランを馬鹿にしたり上から目線で見下したりする人が大嫌い。特にサイゼリヤはあんなに安い値段で万人が喜ぶ味の料理を用意してくれるなんて、本当にありがたい存在で心から尊敬します。タイトルの言葉に大賛成です。

  • サイゼリアを作った人の著書。自身の考え方や、理念、実際に推し進めた事柄など。購入したとき薄い本だなと思ってしまったのだが、読んでみてかなり整理された内容だと感じた。こういう本にありがちな押し付けがましさや、長ったらしさは無く、必要なものが分かりやすく詰まっている。キーワードとして登場する「お値打ち」な本だと思った。題名が気になった人は読んでみてもいいかもしれない。またそのうち読み返したい。

  • サイゼリアのミッション(存在理由)は「美味しいイタリアンで世の中を幸せにする」。シンプルだが、お客第一で経営をしてきた正垣氏の思いが伝わる一冊。教育分野に置き換えてもほとんど変えることがないくらい、書かれていることが当てはまる。教育者もぜひ読むべき一冊。

  • 経営の目的は、お客様に喜んでもらうこと社員に喜んでもらうこと...。
    シンプルなことに行き着くには、氏が50年、積み上げてきたからこそ言えるものだのだろう。
    キモはやはり労働生産性ですね。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50117594

  • 自分が関わる事業に置き換えて何度でも読もう。

  • 指標から主観を排し客観性を徹底する。
    データドリブンな意思決定の遵守。
    徹底して合理的な戦略は人力DXといった趣き。

    安売りはよくない、お値打ち感が大事だと説いた次の章で自分の安売り経験を語るなど面食らう瞬間もあるが、よく読むと本質的なところはぶれていないことがわかる。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

サイゼリヤ創業者
1946年兵庫県生まれ。67年東京理科大学在学中にレストラン「サイゼリヤ」開業。68年の大学卒業後、イタリア料理店として再オープン。その後、低価格メニュー提供で飛躍的に店舗数を拡大。2000年東証一部上場。2009年4月、社長を退任して会長就任。

「2016年 『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

正垣泰彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
稲盛和夫
冨田 和成
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×