「向いてない! 」と思う人でもリーダーになれる52のヒント (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532198107

作品紹介・あらすじ

「向いてない! 」と思う人でも大丈夫。
リーダーに資質は不要です。

29歳で部下100人を率いた著者が贈る
「上司の入門書」。


部下から信頼されて、のびのび成長させるヒントが満載。
さあ、今日から実践してみましょう。

●チームの雰囲気がモヤモヤ沈滞、部下に話しかけるのもちょっとビクビク、
チームの業績がショボショボ続き……リーダーのこうした悩みを解決します!

●管理職になった著者が、経験を通じて得た管理職の心がまえと、
独自のマネージメント論をやさしくまとめた1冊です。

●チームが変わることで、組織力が強くなり、
結果として「売れるチーム」に変わっていきます。

●「管理する」「ついてこさせる」色が強い男性著者のリーダー論に対して、
本書は、部下を「育てる」「自信をもたせて結果を出させる」
といった面を強く出しています。女性リーダーにも腹落ちできる内容です。

●コミュニケーション力の高さ、共感力、
こまやかさを生かしたリーダーが求められる時代の必読書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・「陽転思考」する
     事実はひとつ、考え方はふたつ。
     「失敗というマイナスの事実」から、「プラス(よかった)」を見つけて進む人生

    ・「うん、挨拶って上から下へが先だよ」
    ・1日1回、熱中する
    ・「個人の幸せの延長線上に会社の幸せ・・・」
    ・「変化に強い人」になる習慣
     -何があっても動じない「精神力」
     -いい変化だと思うなら素直に新しい方法に切り替える「柔軟性」
     -変わろうと決めたらすぐに行動できる「決断力」
    ・成り行きに任せる
    ・「ありがとう」で返事する
    ・リーダーは絶対に現場を忘れてはいけない

  • 家族、友達、職場などあらゆるシーンに対応する内容である。だれもが立ち止まる人生の悩みを優しく解決してくれる。52シーンの中で気になるところを目次から振り返ることが出来るから、机の隅にそっと置いておくといいかな。

  • 読了した本が30冊ほど、感想を書かれるのを待っている状態・・・
    なんとかゴールデンウィーク中にしたいなぁ~

    付箋部分を抜粋します

    ・リーダーの態度は部下に、いいほうにも悪いほうにも影響してしまう(p24)

    ・事実はひとつ、考え方はふたつ(p27)

    ・リーダーの仕事は「管理」や「監視」ではないですよね?・・・中略・・・
     やる気を出してもらうこと、生産性を上げること、そして部下の能力を伸ばすことです(p39)

    ・怒ってはいけないのではなく、怒ってもすぐに切り替えて笑えるかどうかが、大事なのです(p49)

    ・「自分の時間は自分の寿命です」・・・中略・・・当たり前ですが、自分が生きている時間をどのように
     使うかで人生が決まるのです(p77)

    ・私ならここまでできる、私ならこうする。私ならこう考えるという自分の基準を相手に求めすぎたら
     人をつぶしてしまう(p93)

    ・どんな人だって「気にかけてもらっている」という事実に対しては喜びを感じるのです(p122)

    ・失敗がその人にとってマイナスな感情だけを生むものになるのか、その人のモチベーションの材料になるかは
     リーダーの関わり方次第なのです(p136)

    ・私の考える本物のリーダーは一緒に汗を流してくれる人です(p145)

    ・人の意見に間違いがあったとしても、その人の立場になって「その立場ならあり得るだろう」と、気持ちを
     わかってあげることが大切(p155)

    ・人間って変なんですよね。すごく完璧を求めるくせに、完璧だとなぜか疲れるのですよね(p163)

    ・どんなにゆっくりでも、コツコツと続けてきた自分に誇りを持って、いつか見返したらいい(p168)

    ・いったん引き受けたら、自分から逃げてはいけない(p175)

    ・「枝や葉っぱという目立つところから育つ人もいれば、人に見えない部分で一生懸命に根っこを先に伸ばして
     育つ人もいる」(p176)

    ・合計3回確認して、本人が私から目をそらさずに、YESといってくれたら、私が覚悟を決めるのです(p179)

    ・営業マンのゴールってお客様のスタートなんだ(p189)

    ・自分のどの部分を変えるかは、本人が気付いて納得しないとダメなんだ(p202)

    ・契約ひとつにしても、企画ひとつにしても、そこには必ずドラマがあります。そのドラマを聞き出して
     自分たちの学びの素にしていくのです(p217)

    ・「褒め合う環境」が生み出すのは「勇気の与え合い」(p227)

    ・リーダーは部下に自信と勇気を持ってもらう仕事をしている(p229)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

株式会社HIROWA代表取締役。営業コンサルタント
外資系教育会社に入社し営業職に。日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた営業のカリスマ。そのノウハウを説いた著書が爆発的ヒット。以降、営業・コミュニケーション・モチベーションアップ・交渉力に関する研修・講演を広く展開している。著書累計発行部数は200万部超。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。

「2018年 『YESの9割はフロントトークで決まる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「向いてない! 」と思う人でもリーダーになれる52のヒント (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

和田裕美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
和田 裕美
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする