戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書 (日経ビジネス人文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
3.90
  • (7)
  • (32)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 245
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532198398

作品紹介・あらすじ

○2013年8月にダイヤモンド社から刊行された書籍の改訂文庫化です。

○大手紳士服チェーン「しきがわ」の営業マン高山昇は、ある日、
経営幹部の目の前で会社の給与制度を批判したことから、
新設の経営企画室に飛ばされます。
しかし、高山は持ち前の正義感と行動力を武器に、
室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の支援を得ながら、
改革の推進役として一歩ずつ成長していきます。

○社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通し、
トップの参謀役である経営企画の仕事とは何か、
そして、企業改革はどうあるべきか、
ストーリーを追ううちに要諦を学ぶことができます。

○本書の魅力の一つはリアルな登場人物の描写です。
「空気を読まない」熱血元営業マンを主人公に、
外部招聘の経営企画部長、
企業の「憑きもの落とし」の異名を持つコンサルタント、
先代社長時代の番頭役で社内No.2専務、
創業者の息子社長、先代社長時代からの会社の裏を知る秘書など、
様々な思惑が交錯する人間模様が描かれます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成長の踊り場を迎えた紳士服を立て直そうと奮闘する若手と、現状維持バイアスに取りつかれた老獪な専務との攻防を通じて、経営企画部とはどんな役回りなのか、企業が組織として力を発揮するには何が必用かを描いた企業小説。
    人間の性というのは基本的には善なれど、怠惰に流れるというのはその通りであって、あるべき論だけでなく、人間が陥り易い性も見据えながら、いかにPDCAを正しく早く回せるかが重要。なんちゃってPDCAでマネジメントしている気にならないように、気を付けないといけないな。

    ・企画というのは、目的を明確にし、現状を把握したうえで、そこから目的達成のための意味合いを抽出し、成功のための仮説を立て、実行案を組み立てるという壱連の動作のこと。

    ・戦略は実践されてはじめて価値がある

    ・素早く実践し、真摯に振り返り、謙虚に反省し、素早く軌道修正し、実践の精度を高める。

    ・不振企業を見ると、甘やかされた環境とまでは言わなくても、事業に対する真摯な厳しさが失われ、要領の良さがはびこり、がんばってるふりの上手さが横行していることが多い

    ・経営とは正しい企業文化づくり

    ・目先の利益創出のために、むりくりにコストを切りさげる経費削減は百害あって一利なし。経本来費用対効果の視点から掛けるべきコストは投下しなければならない。

    ・経費削減の鬼はいらない。経費低減のヒーローをつくる。

    ・仕組みやシステムを導入した人間は、自分が導入した成果を強調したいがために、不都合なことに蓋をする傾向がある。それが積み重なることで組織は疲弊していく。

    ・企業は、働く者がそこで力を高め、自身の力を発揮して事業に貢献し、そして企業が市場に貢献する。結果としてその存在自体が意義のある会社として発展していくことで、市場も企業も、企業で働く者も皆が幸せになれる。

    ・世の中に足跡を残してきたのは、保身に走った人たちではなく、道を開こうとあがいた人たち。

    ・一発逆転ホームラン狙いよりも、当たり前のことをきっちりとやれるようにすることが一番よく効く。

    ・すべてのビジネスに従事する者は、自分の能力を高め、そして価値のある仕事をしてナンボ。その価値をもって企業に貢献し、企業が社会に貢献することが大事。つまり、根っこは自分の能力を高めることからはじまる。

  • 企業変革小説。経営企画部のミッション、成功した創業者の思考、PDCAの大切さ、大企業病、、
    読み応えのある一冊。

  • 講談仕立てというのが面白い。

  • とにかく小説のようで読みやすく面白かった。なかなかこの手のビジネス書はなかったのでとても新鮮だった。

    「しきがわ」のような幹部が足を引っ張る会社は実際に存在し、高山のような本音をはっきりと言う社員もいると思う。安倍野みたいな人に教えられれば私もビジネスそのものに楽しみを見つけ新たなチャレンジが色々と出来たのでは、と想像した。少し羨ましく感じた。

    個人的にはこの本から提案書の書き方とPDCAという考える学習行動を学ぶことが出来た。

  • 勉強になりました。あるある感を感じる一冊でした。「人、性善なれど、性怠惰なり」、確かに。自分自身に当てはめても分かります。日々の仕事を見直すいい機会になりました。

  • 経営企画のミッション 機能について小説風のケーススタディーでわかりやすく整理されている。

  • 新卒〜5年目の社会人が必ず読むべき本、とのこと。
    簡単でポイントがわかりやすい、とのこと。

  • 20180820


    こんな実践的なビジネスは書は初めて読んだ。

    500ページを超える長編小説のようになっている。

  • 経営企画部の機能を具体的に知ることができた。
    参謀として何をすべきか、ヒントを得ることができたし、小説としても楽しめる良本だった。

  • 企業経営、という視点から書かれているが、部門などをマネジメントをする立場、あるいはそのマネジメントを支える参謀役が読んでも十分に知見が得られる。

    現状を良しとしない場合の改革について、(足を引っ張る勢力の出現も含め)リアルに描かれているので、これから微力ながらも変化を起こしていこう、という気持ちのある方はぜひどうぞ。

    ページ数は多く(一般的な文庫の約2倍、とのこと)、咀嚼しながら読み進めると時間もそれなりにかかるが、かけるだけの時間はあった。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社RE‐Engineering Partners代表、経営コンサルタント。
早稲田大学大学院理工学研究科修了。豊田自動織機製作所よりの企業派遣で米国コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科で修士号を取得後、マッキンゼーアンドカンパニー入社。総合電機メーカー、建設業、流通業などの戦略策定や経営改革などに携わる。その後、大手企業の社長、役員、事業・営業責任者として売上V字回復、収益性強化などの企業改革を行う。08年、(株)RE‐Engineering Partnersを設立。

「2018年 『経営参謀』 で使われていた紹介文から引用しています。」

戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書 (日経ビジネス人文庫)のその他の作品

戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書 単行本(ソフトカバー) 戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書 稲田将人
戦略参謀 Kindle版 戦略参謀 稲田将人

稲田将人の作品

戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書 (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする