選ばれる営業、捨てられる営業 日経プレミアシリーズ

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
3.22
  • (2)
  • (4)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532261665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 客の客を知る事。買わなかった客の一言。自社の愚痴を言う泣き落としは駄目。信用とは人に好かれること、約束を守る事、儲けさせること。資料はぺら一枚でよい。知の限界を情が補って合意へ至る。201409

  • 営業の成功術を営業マンの視点でなく、売り込みを受けるバイヤーの視点から様々な業種の営業マンのエピソードで紐解いていく。いつもながら丹念な取材でまとめている筆者だが、公平性を保つためか登場人物が多すぎるのが微妙なところ。自分も昔は営業する立場で、今はどちらかと言うとされる方の立場なので、一方的に要望するだけでなくうまく使っていくにはどうしたら良いかという視点を持とうと思うわけですが、同じ立場の人が少ないから難しいですね…

  • ■営業必要な5つの力

    A.顧客シミュレーション力:顧客の求めるものを知り、顧客に気配りし、顧客を思いやる力。

    B.社内調整力:自社内の情報を収集し、ネットワークを駆使して社内を調整する力。

    C.基本力:営業マンに昔も今も変わらず求められる、基本中の基本を確実に実行できる力。

    D.情報力:市場の情報を収集し、それに付加価値をつけて情報を発言する力。

    E.共感力:「この人と一緒に仕事をしたい」と顧客を感動させ、巻き込む力や、顧客が共感・共振・共鳴する営業マンとしての熱意。

著者プロフィール

ジャーナリスト
1952年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退後、フリージャーナリストとして経済・経営分野を中心に執筆。企業組織経営・人材マネジメントに詳しい。

「2017年 『全員経営』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝見明の作品

ツイートする