イノベーターは死なず―コピー機ビジネスで世界を変えた男

制作 : Charles D. Ellis  鹿毛 雄二  鹿毛 房子 
  • 日本経済新聞出版社
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532314132

作品紹介・あらすじ

黒人暴動が相次ぐ60年代アメリカで、企業の社会的貢献を実践した時代の先駆者、ジョー・ウィルソンの波乱の人生を描いたヒューマン・ドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イノベーションを起こすのに大事なことは?

    →事業の成功には、利益を上げること以外に
    1.スタッフに対して、成長する機会を与え、達成感を持たせる
    2.顧客の期待以上の仕事をする
    3.地域社会の中でボランティアとして積極的に支援する

  • ゼロックスの、乾式コピーの開発とそのリーダーであるジョー・ウィルソンの自伝。
    アメリカの起業家・経営者とは思えない真っ当で正当な人物であった。パロアルト研究所以降のグダグダは、このリーダーではないのだから当然か。

  • ここにレビューを記入してください

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ホワイトヘッド財団理事長
1937年生まれ。資産運用分野における世界的重鎮。エール大学卒業。ハーバード・ビジネススクールで最優秀MBA、ニューヨーク大学でPhD取得。1972年にグリニッジ・アソシエーツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、金融会社、投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングで活躍。2001年6月、代表パートナーを退任。この間、全米公認証券アナリスト協会会長などを歴任。

「2018年 『投資の大原則[第2版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャールズ・エリスの作品

イノベーターは死なず―コピー機ビジネスで世界を変えた男を本棚に登録しているひと

ツイートする