経営は「実行」〔改訂新版〕

  • 日本経済新聞出版社
3.40
  • (3)
  • (9)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532316570

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦略・人事・業務という観点から経営のプロセスを整理した本。

    個人的には想定とちょっと違う内容で、既知のものが多かった。
    実際の進め方とかは参考になる部分もありそうだが、アメリカのビジネス書にありがちなクドい言い回しであまり頭に入らず。
    とはいえ、プロセスにおける対話の重要性は次回も込めて認識。

  • 2015年3月現在、新品では手に入らない商品。Amazonで綺麗な中古があったので、運良く購入。
    ジャック・ウェルチの『勝利の経営 ウィニング』に続いて読破。ジャック・ウェルチに薫陶を受けたGE出身の著者だけに内容的にはかなり似通った部分もある。
    ただ、彼がGE卒業後に他社に移っても、GE流をいかに貫き、そこにどんな葛藤、試行錯誤があって、結果的に成功を収めたか、という点を知ることが出来た点は良かった。
    内容的には近くても、また違った視点での洞察も加えられていて、よりGE流/ジャック・ウェルチ流の経営哲学に対する理解を深めることの出来る作品。

  • 戦略と業務目標を連動させましょうということ

  • 前半部分の実行の構成要素の部分は分かりやすくこの本の勘所。如何に実行していくことが難しくまた重要であることが書かれておりそれを構成する7つの基本行動はとても納得ができる。
    後半は少し具体的で細かな記述が多く理解するには読み込む必要がある。

  • 経営の本質は実行。実行には人材プロセス、業務プロセス、戦略プロセスの三つからなる。リーダーはいかにこのプロセスを体系的に活用できるか。
    昨今の事業環境の変化を考えると戦略や構想は全てリーダー並びに組織の実行力が制約条件になっていると考えられる。こんなパワフルな経営書は久しぶり。

  • 具体例を中心に述べられているので、実行に落とし込もうとすると、それなりの学習とフレームワークが必要。
    それもまた自己の理解を深める方策か。
    特効薬など無いという良い戒め。

    ハロルド・ジェーンの著作と毛色が似ているのは、柳井会長つながりで読んだせいもあろうが、基本的にタフなリーダーのやってきた事というのは、読んでて痛快で気持ち良い。

  • 正直な所本文である中身は読み込めていないまま手離してしまった本なのですが、リーマンショック以降に付け加えられたという『“改訂新版”への序文』は今後の良きリーダー像について言及されており私が読んでも感嘆してしまいました。

    今後の良きリーダーを特徴づける資質はいくつかある。第一に、自分を取り巻く世界について圧倒的な知識を持っている。第二に、学ぶことをやめない。第三に、驚くほどの柔軟性があり、状況が変化すれば素早く適応する。だが何よりも大切なのは、自分についてくる者たちが元気になれるように前向きに指導し、自信を与えるという資質だろう。(P35)
    ーーーーーーーーーー
    実行の構成要素
    その1:リーダーがとるべき七つの行動
    その2:文化の変革に必要な枠組みをつくる
    その3:他人に任せてはならないリーダーの仕事
    ー適材適所にあてる
    ーーーーーーーーーー
    リーダーは次の7つの行動をとる必要がある。
    1 自社の人材や事業を知る。
    2 常に現実を直視するよう求める。
    3 明確な目標を設定し、優先順位をはっきりさせる。
    4 最後までフォローする。
    5 成果を上げた者に報いる。
    6 コーチングによって社員の能力を伸ばす。
    7 己を知る。

  • TOPPOINT2010年12月号より。


    実行を支える第一の要素は「リーダーの行動」であると。

    リーダーは次の7つの行動をとる必要がある。
    ①自社の人材や事業を知る。
    ②常に現実を直視するよう求める。
    ③明確な目標を設定し、優先順位をはっきりさせる。
    ④最後までフォローする。
    ⑤成果を上げた者に報いる。
    ⑥コーチングによって社員の能力を伸ばす。
    ⑦己を知る。


    何事も実行ありきですね。

  • とにかく長く、そして読みにくい。
    タイトルに結論が出ているのでそれ以上に期待するものはない。

    「実行できるか?」という点を、戦略・人材・業務の3つの観点からチェックすること。
    常にこの3つの整合が取れていること。
    そして、リーダー自らが「実行する」こと。

    企業活動の中で「実行」という視点が抜けてしまうことが意外と多く、様々な失敗事例を紹介している。

    『経営は「実行」!』

    とにかくこれです。

全11件中 1 - 10件を表示

ラリー・ボシディの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
M.E. ポータ...
デール カーネギ...
リチャード・P・...
ウォルター・アイ...
ハロルド・ジェニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

経営は「実行」〔改訂新版〕に関連するまとめ

経営は「実行」〔改訂新版〕を本棚に登録しているひと

ツイートする