不格好経営―チームDeNAの挑戦

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.11
  • (500)
  • (636)
  • (257)
  • (31)
  • (9)
本棚登録 : 3754
レビュー : 582
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532318956

作品紹介・あらすじ

チームDeNAは、なにもそこまでフルコースで全部やらかさなくても、と思うような失敗の連続を、ひとつひとつ血や肉としてDeNAの強さに結びつけていった。とてもまっすぐで、一生懸命で、馬力と学習能力に富む素人集団だった。創業者が初めて明かす、奮闘の舞台裏。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予想をはるかに超えて面白い!南場氏の飾り気のない文章が好印象で読みやすい。特に、元コンサルタントならではの視点が興味深い。コンサルタントとして経営に対して第三者の視点から助言するのと、経営者として意思決定の連続且つ、すべての決定に責任を負うのとではまるでプレッシャーが違う。本書を読んで強く感じたことは、南場氏は人材に恵まれているという点だ。その素晴らしい人材のトップとしてリードしていた彼女は、偉大な経営者だと私は思う。

    以下、本書よりお気に入りの箇所を抜粋。
    「私は、苦しいときにふたつのことを意識する。ひとつは、とんでもない苦境ほど、素晴らしい立ち直り方を魅せる格好のステージだと思って張り切ることにしている。そしてもうひとつは、必ず後から振り返って、あれがあってよかったね、と言える大きなプラスアルファの拾い物をしようと考える。」

    「生き甲斐は処した困難の大きさに比例する。父より」

    「買ってもらえなかったときにどれだけいい笑顔が見せられるかが勝負なんだよ」

    「誰が言ったかではなく何を言ったか。人ではなくコトに意識を集中する」

  • DeNAの南場さんの自伝。
    経営に関しての泥臭さを感じられる良書

  • 読み物として面白いし、著者の文章は引き込まれる。経営とコンサルティングの違いがよく分かる
    話題作ではあるが、話題性だけでなく、中味も自分としては好き。

  • こんにちは、土井英司です。

    ノンフィクションからノウハウ、実用書まで、ビジネス書にも
    いろんなカテゴリーがあるわけですが、名著として長く棚に置
    かれるのは、有名経営者のビジネスノンフィクションと相場が
    決まっています。

    アイアコッカ、リチャード・ブランソン、ビル・ゲイツ、ステ
    ィーブ・ジョブズ、松下幸之助、本田宗一郎、盛田昭夫、小倉
    昌男、稲盛和夫…。

    これまでたくさんのビジネスノンフィクションを読んできまし
    たが、本日ご紹介するDeNA創業者、南場智子さんのノンフィク
    ションは、今年いちおしの一冊といっていいと思います。

    誰もが挑戦したいのに、保守的な気持ちが勝って、なかなか挑
    戦できない。結果、起業する人間というのは少数なわけですが、
    それをマッキンゼーのパートナー(役員)にまで上り詰めた著
    者が挑む。これが面白くないわけがありません。

    本書には、エリートコンサルタントが泥臭い実業の世界に飛び
    込み、試行錯誤するなかでつかんだ栄光と、それ以上に価値あ
    る仲間たちの姿が、鮮明に描かれています。

    なかでも、本田宗一郎を支えた藤沢武夫のように、著者を陰か
    ら支えた名脇役、春田氏のエピソードは、読んでいて泣けました。

    ここまで清々しく、かつ深い感動を呼び起こす一冊には、なか
    なか出合えるものではありません。

    不完全な人間が未知の世界に挑む。だから起業は困難の連続に
    なるわけですが、本書には、そのドラマが余すことなく書かれ
    ています。

    経営するなかで、理不尽さ困難を感じたこともあったでしょう
    が、そこをぐっと呑み込み、あくまで朗らかに語る著者の姿勢
    が、文体とも相まってとても気持ちいい。

    著者は、オビでこんなことを書いています。

    <経営とは、こんなにも不格好なものなのか。だけどそのぶん、
    おもしろい。最高に。>

    「創業した頃の不格好さを取り戻し、また明日から頑張ろう」

    そんな気持ちにさせてくれる一冊です。

    ぜひチェックしてみてください。

  • 経営とは何か?

    選択した事が正解だったかを考えず、
    正解にするための努力をすること。

  • DeNAの南場さんの半生自叙伝
    取り留めはないが、気付きの種になる記述が結構ある。
    コンサルやMBAの経験は、事業家になるには役に立たない、ということ

  • 目的: 会社経営において大切なことを学ぶ。

    目的達成度: 4.8

    ★最大の学び・気付き→アクション

    1.南場さんが考える理想の組織は下記の通り。
    「同じ目標に向かって全力を尽くし、達成した時の喜びと高揚感を経営の中枢に据える。互いに切磋琢磨し、時に激しく競争しても、チームのゴールを達成したときの喜びが全員に共有され、その力強い高揚感でシンプルにドライブされていく組織」

    → 自分が経営を行う際は上記のことを実現できる仕組みづくりをする。


    2.「競争力の源泉は人材の質」であり、「最高の人材を採用し、その人材が育ち、実力をつけ、実力のある人材が埋もれずにステージに乗って輝き、だから辞めない」と言う会社であるべき。

    → どう言う人事の仕組みを作れば上記のような会社にすることができるかを考える。

    3.「誰が言ったかではなく何を言ったか。」が重要であり、「管理職はただの役割であり、エラい訳ではない。」し、「会社での立場が人間の上下関係ではない。」

    → 大企業ではよくありがちな誰が言ったかを重視する文化には染まり過ぎないように意識をする。また、自分が管理職になった際は「管理職は人をまとめると言う役割」と言うだけで、決して周りよりエラいと言うような認識は持たないように肝に命じておく。


    ★感想

    文章もユーモアに富み大変おもしろく、かつ学びが多くあり、モチベーションにも繋がる良書であった。

    経営者がいかに大変であるか、しかしその大変さが故に、いかにやりがいのある仕事であるかを感じることができた。

  • ベンチャーの創業者がどういう風に考えて起業し、そこからどのような苦難を乗り越えてメガベンチャーに至るのか、とても面白く読めた。
    創業者の元に綺羅星の如く優秀(だけれどもどこか人間味のある)な人材が集うというところが、現代の水滸伝風に読めた。
    学べたのはやはり思い切りの良さと、人が少ない中での動き方であり、大企業にあったとしても自分が会社の社長のような心持ちで意思決定をするという覚悟を持つことで、より会社の成果にコミットできるのではないかとおもった。

    星を一つ減らしているのは、個人的な学びがあったかというと、そこまでの学びはなかったから。読み物としてはとても面白かった。

  • DeNAの創設者南場智子さんのビジネス書。一気読みとはいかず、時間をかけて読んでしまったのでもう一度読み直さないとなぁと。

  • 最初はコンサルでやっていた南場さんが実際に経営をやってみると、そんなうまくはいかない。
    実際に見るのとやるのとでは違うなと感じました。
    また、良いことばかりでなく、本当に苦労した体験が手に取るように感じ取れます。
    こういう良いことも悪いことも全てひっくるめてこういう生き方が格好いいなと思います。

    飛信隊に例えると、一人で中華統一を目指していたところからどんどんみんなの夢になっていく。
    私、渕上真希としてもこれからガンガン仲間集めていきます。

全582件中 1 - 10件を表示

不格好経営―チームDeNAの挑戦のその他の作品

不格好経営 Kindle版 不格好経営 南場智子

南場智子の作品

不格好経営―チームDeNAの挑戦を本棚に登録しているひと

ツイートする