不格好経営―チームDeNAの挑戦

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.11
  • (500)
  • (636)
  • (257)
  • (31)
  • (9)
本棚登録 : 3754
レビュー : 582
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532318956

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • DeNAの創業者の南場智子さんの自伝。ユーモアあふれる文章が快調なテンポで語られ、最後まで一気に読み通してしまった。コンサルティングファームで経営者の相談にのっていた著者が、自分でやってみたら?と言われて一念発起、経営に携わる中で、壁にぶつかり、転んだり助けられたりしながら、著者もまわりのメンバーも成長していき、そして会社も成長していく様子が描かれる。

    読み進める中で、次から次へと個性あふれる部下が出てきて色々な場面で活躍し、読み終わる頃にはDeNAの経営陣の一人一人の人となりに詳しくなってしまっていた。高い目標に向かってチャレンジする部下の背後に、能力を見抜いて抜擢し、見守っている南場社長の存在を強く感じた。上司と部下、というより、若い女性教師とやんちゃな学生たち、という趣だ。そして一人一人に注がれる愛情のこもった眼差し。本のどのページを開いても愛が溢れ出してくる。後書きに、長年アシスタントとして一緒にやってきた女性に完成した原稿を読んでもらったところ、電車内で号泣してしまったという話が書かれていたけれど、そりゃ泣くでしょうね。こんな愛のいっぱい詰まったラブレターをもらったら…。

  • 肝っ玉母さんの印象が強い南場さんの著書。
    色々施策を打ち、順調に拡大しているように見えるが、
    やはり裏ではたくさんの苦労をされているんだと思った。

    色んな起業家がいるとは思うけど、
    やっぱり失敗したとしても起業する気力があるだけ、
    本当にすごいなと思う。

    自分でやってみるということが、
    大変だけど非常に楽しいことなんだなと正直感じた。

    【勉強になったこと】
    ・何でもいいから一つの職業で通用する人材になることが
     今後の自信にも繋がる。
     向いてないと思ってもすぐに辞めるのではなく、
     まずはその業界で極めてみることが大切。

    ・優秀な人材かつ色んな個性を持った仲間を増やしたい、
     これが起業当初の採用の基準。

    ・隙間を拾ってくれるメンバーは非常に強力。
     自分のことで手一杯でも拾える人材が重要。

    ・色んな仕事を協力しながらやっていくのが基本だが、
     重要事項の決定だけは社長が死守すべき仕事

    ・今決定しないとまずいということが肌感覚で感じ取れ、
     かつ即座に対応することが出来るのが優秀な起業家

    ・優秀な人材を採ることも重要だが、
     離れていかないようにすることも重要。
     優秀な人ほど次のステップを常に考えていて、
     そのスピードと組織にズレが生じたときに辞めてしまう。

    ・正しい選択肢を選ぶことは当然だが、
     選んだ選択肢を正しくするという姿勢も大事

    ・会社には色んな特徴を持った人材がいないとうまくいかない。
     偏りすぎはダメ。

    ・優秀な人の共通点は、
    「素直だけど頑固」「頑固だけど素直」

  • DNeAの南場さんの本。
    普通経営者の本はとても綺麗にかかれておりかっこいいものだが、この本は違う。
    とても泥臭い失敗も含めて面白おかしくかかれていて一気に引き込まれた。
    「人の向うのではなく、ことに向かう」という言葉はとても深い。

  • 話し口調で書かれており、南場さんの人となりが伝わってきて良かった。

  • 面白い。読みながら何度も声に出して笑ってしまった。南場さんの人柄が伝わってきます。

  • DeNA 創業から現在までのヒストリーを、南場さんの目線から語ってくれます。
    とても面白かった。
    仕事の勉強になるところもチョコチョコはあったけれど、この本の醍醐味は、なんといっても魅力的な社員。
    南場さんの社員への愛や尊敬の念がよーく伝わってくる。
    熱い想いで各エピソードを語ってくれていて、彼女と仲間達が全力で仕事に取り組み、挑んできたことがよくわかった。仕事がんばろう、と思える本!

  • DeNAの立ち上げから現在まで、初代社長の南場智子の手で書かれたエッセイ。
    業界のスピードに食らいつき、全力を尽くし切る社風は、自分の会社のぬるさを実感させられた。
    目標を高く、それぞれが自分の仕事に自信を持ち、自分が正しいと思うことをやり切る力、正しい選択をしたかどうかではなく、自分の選択を正しくさせる根性。それが、DeNAの社風だと感じた。

  • 「正しい選択肢を選ぶ」ことは当然重要だが、それと同等以上に「選んだ選択肢を正しくする」ということが重要となる。

    一番刺さった言葉。自分の中になかった考え方。

    ところどころジョークを織り交ぜているためか、とても読みやすい。
    南場さんのおちゃめで人間愛に溢れた人柄も伝わってきてよい。

  • 失敗を繰り返しながら成長していくベンチャー創業ストーリーとしても面白いが、何より軽妙でユーモアに溢れ無駄がない文章の素晴らしさ。ロジカルとヒューマニティが両立する著者の人柄が文才として現れている。

  • 南波智子さん。人として尊敬します。謙虚で強いなあ。ビジネス書なのに読み終わった後ほっこりした。がんばろ。人脈ってかき集めるのに必死になるんじゃなくて自分の姿勢とか行動についてくるんだよね。大学生の私が他人からしたら大それたことを目指してて、いわゆるこの本の中の言葉で言うと「人脈オタク」の友人がお前にとって人脈って何って度々聞かれてて少なくともこの友人みたいなことじゃないって思ってたけど、上手く言語化出来なくて、ちょっと悩んでたけど救われました。ありがとうございました。インプットインプットインプットインプットーーーーーーー

不格好経営―チームDeNAの挑戦のその他の作品

不格好経営 Kindle版 不格好経営 南場智子

南場智子の作品

ツイートする