宅配クライシス

制作 : 日本経済新聞社 
  • 日本経済新聞出版社 (2017年10月12日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532321772

作品紹介・あらすじ

2017年春。ヤマトが宅急便の総量抑制を決め、続いて27年ぶりの値上げを発表した。
日本の物流を支える「動脈」として機能していたヤマトに、何が起こったのか。
本書はその真相に迫るルポである。

「小倉イズム」に基づいて常に顧客第一を訴えてきたヤマトの「変心」は、多くの人々を驚かせた。
背景には多くの日本企業が抱える過剰サービスへの呪縛がある。

何を、どこまで消費者に提供するのか。
「働き方改革」「人手不足」のなかで、優先すべきは何なのか。
実際に過剰サービスからの転換を訴えたとき、顧客企業や現場にどんな混乱が起こるのか。
そして、本当に「危機」は去ったのか。
本書で描かれている混乱は、物流・小売り関係者のみならず、
サービス業に携わる多くの人々にとって参考になるはずだ。

ヤマトを中心に、佐川、日本郵便などの物流業者、
アマゾン、楽天、ヤフーをはじめとするネットサービス業者など、
幅広い取材をもとに、危機の実像と未来像を描き出す。

宅配クライシスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤマト運輸の利益無き繁忙の結果としての宅急便値上げの背景を描くルポ。
    荷物が増えて利益が下がるとか経営の失敗と言うしか無い。ドライバーのサービス残業で支えられてたシステムが崩れ去り、真っ当な人件費と労働環境が整えられるまでの道標になれば。

  • 我々消費者には見えにくい輸送の部分。もっと意識して社会全体として対応していかなければ、いずれ、崩壊してしまうだろうなぁと感じた次第。

  • 内容が薄い。Amazonに対する取材が特に。

  • 横田増生 「仁義なき宅配」と比較すると企業寄りの内容になっており、深く追及は出来ていない。

    Amazon等を含むネット通販サイトの進展から宅配量が爆発的なものとなっている。
    量が増えることで、長時間労働に加え、利益の減少に繋がり悪循環に陥る。
    佐川に続き、ヤマトが荷物の料金体系を見直し出した。Amazonの荷物は薄利多売のため、現在は日本郵政がその荷物の大半を引き受けている。

    今後、ネット通販は増大し、運転手の高齢化・人材不足は止まらない。
    同業他社による物流センターやプラットフォームの構築、AIを活用したシステムの導入、自動運転による輸送など課題を解消する技術や知識は出来る限り導入していくべきだと思う。
    消費者の一人としては送る際に急がない便などの配達員の働く量を考慮したシステムも作っていってほしい。

  • 宅配問題 誰か素晴らしい策士がいたんじゃないだろうか。

  • 東2法経図・開架 KW/2017//K

全6件中 1 - 6件を表示

宅配クライシスのその他の作品

宅配クライシスはこんな本です

ツイートする