会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532322038

作品紹介・あらすじ

歴史を知れば、会計は面白くなる。
数字ではなく、「物語」で読む新テキスト!

会計は面白くないし、決算書は難しい。
著者の田中靖浩氏は、そんな「偏見」と戦い続けてきた。
ビジネススクール、企業研修、専門学校、勉強会──
長年にわたってビジネスパーソンに教え続けてきた田中氏は、
聞き手を引きつける2つの「黄金則」を見つけた。

1つは、旬な会社の事例を用いること。
そしてもう1つは、話の中に「歴史軸」を取り入れること。
「減価償却の誕生秘話」「株主と投資家はどうちがうのか」「予算の始まり」……
こうして歴史と物語の軸を入れると、背景やつながりへの理解が深まり、
一気に引き込まれるという。

会計700年の歴史を紐解きつつ、会計の全体像を解説する新しいテキストが本書だ。

物語は3部構成で、時系列で進んでいく。
第1部は14世紀イタリアから18世紀オランダへ、簿記と会社の誕生をめぐる物語。
第2部は産業革命時代のイギリスからアメリカへ、財務会計をめぐる物語。
第3部は20世紀アメリカからグローバルへ、管理会計とファイナンスをめぐる物語を展開する。
単にBS、PLに強くなるだけではなく、実際に「会計を使う」ための視点を得られるのがポイントだ。

会計の歴史を解説したものは、基本的に「会計史」の本しかなく、
それが実際の企業活動とどう結びついてきたかを説明したものはこれまでない。

著者ならではの「楽しい」語り口を生かしながら、
新しい会計テキストのスタンダードを目指す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 会計の要素の重要性がわかる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

田中公認会計士事務所所長
1963年三重県四日市市出身。早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社を経て現職。「笑いの取れる会計士」としてセミナー講師や執筆を行う一方、落語家・講談師とのコラボイベントも手がける。近年はスモールビジネスや中小企業の経営サポートに全力投球中。著書に『良い値決め 悪い値決め』『米軍式 人を動かすマネジメント』『実学入門 経営がみえる会計』ほか多数。

「2017年 『値決めの心理作戦 儲かる一言 損する一言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語のその他の作品

田中靖浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする