SDGsが問いかける経営の未来

制作 : モニター デロイト 
  • 日本経済新聞出版
4.05
  • (7)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532322366

作品紹介・あらすじ

◆国連が2015年に定めた「持続可能な開発目標」(SDGs/Sustainable Development Goals)は、グローバルに活動する企業にとっての世界共通のルールとして急速に広まりつつある。SDGsの考え方をどう経営に取り入れるのか、経営そのものをどう変えていくのかを解説する。

◆具体的に求められるのは次の17項目への対応。1. 貧困の根絶、2. 飢えの根絶、3. 健康な生活、4. 質の高い教育、5. 男女平等、6. 清潔な水の確保および公衆衛生 、7. 再生能エネルギー、8. よい仕事と経済発展、9. イノベーションとインフラストラクチャー、10. 不平等の緩和、11. 持続可能な都市およびコミュニティ、12. 責任ある消費 、13. 気候変動に対する行動、14. 海中生物、15. 陸上生物、16. 平和と正義、17. これらの目標を達成するためのパートナーシップ。企業活動を、これらに則ったものにする必要がある。

◆SDGsへの取り組みは、新規取引相手の開拓や新しいビジネスチャンスにもなっている。一方で、表面だけSDGsに取り組んでいる企業が「SDGsウォッシュ(上塗り)」と批判されるような事案も相次ぎ、本気の取り組みが必須となっている。本書では、SDGsとは何か、どのように企業は取り組むべきかを、基本的な知識や関連する最新動向をまじえ、本質的に理解できるよう解説する。そのうえでこれまで蓄積されてきた実践的知見やノウハウ、攻め方、守り方を伝える。

◆環境やCSV(共通価値)についての知見やコンサルティング実績が豊富なモニター・デロイトのスペシャリストたちが執筆する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • SDGsの解説本ではなく、企業がどうしていくべきなのか、何をすべきなのかを明確にします。
    経営目標、経営戦略、事業戦略のあり方、事業創造のあり方を検証し、2030年に向けてイノベーションを果たし、どう生き抜くべきかを問いかけます。

    「持続可能な開発」とは、1987年に国連「環境と開発に関する世界委員会(通称『ブルントラント委員会』)」が提起した概念で、「将来の世代が自らのニーズを充足する能力を損なうことなく今日の世代のニーズを満たすような開発」と定義されている。わかりやすく言うと、アメリカ先住民の格言にある「地球は先祖からの相続品ではなく、子どもたちからの借りものである」という考えに近い。つまり、将来世代が必要とする環境資源を現在世代が食い潰す形で進行する今の経済発展のあり方は、持続可能ではないという考えだ。 ー 54ページ

  • ★信州大学附属図書館の所蔵はこちら★
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB27489660

  • SDGs/ESGに向き合わなくてはいけない温度が高まってきた。
    しかし自社になぜ、なにを啓蒙をしなくてはいけないのか?
    啓蒙フェーズから具体化フェーズへの移行はどうあるべきなのか、どのように進めるべきなのか?
    が曖昧な人たちに対し、ある程度の輪郭線を示してくれる良書です。

  • 何冊か関連本を読んだが、一番論理的でわかりやすい。またきちんと読みたい。

  • 一緒に仕事をしている人が貸してくれた。
    わかりやすくてよかった。
    なぜ一企業としてSDGsを進めなくてはいけないのか、上司にプレゼンする上でプラクティカルに役に立つ。

    最近はSDGs流行りなので情報はいくらでもネットにあるけれど、企業として、戦略として、といった視点できちんと理解したいならやはり本が勝るかな。

    会社で担当になっている人は目を通すといいかもしれない。
    私みたいに。

  • 日本では企業のSDGsへの取り組みがCSRとして捉えられている段階だが、欧州では様々なアクターが協力をして、SDGsを経営戦略として取り組み経済を回しているということを初めて知った。
    ミレニアル世代が従来のようなモノの消費の仕方をしなくなることは前々から言われているが、本書の質の良い経済成長という考え(≒degrowth)がこれから発展していってほしい。

  • 東2法経図・6F開架:336.1A/Mo33s//K

  • 本書は企業の経営にSDGsをどのように活かしていくべきかについて書かれた本である。全体的に抽象的な話が多いものの、SDGsや、その背景にあるCSVの考え方、そして企業が今後どのようにSDGsと関わって行くべきか、その指針について学ぶことができる。
    個人的には大変興味深い内容であった。また、市場のアクターである各企業がSDGsを意識して「うまく」行動していけば、CSVは拡大し、社会厚生に寄与するものとなるので、今後の社会を考えていく上で非常に重要な観点となると思う。

全9件中 1 - 9件を表示

SDGsが問いかける経営の未来を本棚に登録しているひと

ツイートする