見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!

  • 日本経済新聞出版社
3.17
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 45
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532322380

作品紹介・あらすじ

「現場再生」のスペシャリストだから語れる4ステップ進化法!

AIもIoTも、製造業の競争力向上の要となるテクノロジーであることは間違いない。
しかし、多くの日本企業が、これらを「使いこなす」までには到っていない。
このままでは、グローバル競争に取り残されてしまう事態は避けられない。

どうすれば、最新テクノロジーの効果を最大限発揮できるのか。
1.0から4.0の4ステップに沿って解説するのが本書だ。
重要なのは、自社の能力を見える化し、そのレベルを段階的に高めていくことにある。

レベル1は「儲けの構造」の見える化。
グローバル化の進展で複雑化する組織・製品をきちんと仕分けて原価・儲けの構造を解き明かしていく。

レベル2は「儲ける仕組み」の見える化。
自社のビジネスモデルを洗い出し、全社的にその仕組みを再構築していく。

レベル3は「儲けの源泉」の見える化。
コアとなるケイパビリティを見直し、それをきちんと活用できる方法を考えていく。

レベル4は「成長戦略」の見える化。
レベル1~3の「見える化」を経ることで、どこにIoT・AIを活用すれば効果が大きいかは自然と見えてくる。
それを全社で共有・理解し、技術をテコに非連続な成長を達成するための手法を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 副題にインダストリー4.0に代表されるようなAI・IoTといった技術を製造業で活用すべし、というのはもはや異論がない方向性だとしても、それがどのように会社の利益の増大に貢献するのか、という点については、まだ試行錯誤の段階である、というのが実質ではないだろうか。また、インダストリー4.0関連の類書においても、しっかりその点を意識して書かれている本は少ない印象がある。

    そうした状況において、経営共創基盤のパートナー/MDのお二人によって書かれた本書は、サブタイトルの”AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!”とあるように、徹底的に製造業が利益を出すために取り組むべき基本的なアクションと、そこでAI・IoTをどう活用すべきか、という点が強調されている点で、貴重な一冊と言える。

    本書では製造業のマネジメントにおける4つのステップごとに、必要な考え方とアクションが示される構成になっている。

    ・見える化1.0=儲けの構造の見える化
    ・見える化2.0=プロセスの見える化
    ・見える化3.0=稼ぐポイントの見える化
    ・見える化4.0=リアルタイムの見える化

    特徴的なのは、見える化1.0と2.0の世界では、AI・IoTといったテクノロジーというよりも、泥臭い製造業の原価管理や製品開発の在り方がテーマになっている点である。本書はテクノロジーを使うかどうかは別として、しっかり製造業としての基本的な利益改善の活動を行うべきであるということがしっかり示されている点で、「何でもかんでもAI・IoTで解決!」といった夢想的な着地に逃げない真摯さが現れていると思う。

    また、本書を貫く哲学として、いわゆる製造業における競争戦略の古典かつ最重要の概念である「モジュラー/すり合わせ(インテグラル)」・「オープン/クローズ」の選択の重要性が繰り返し主張されるあたりも、本書の独自性であろう(そうした戦略論を理解していないSIer系のバックグラウンドを持つ執筆者による類書などには、恐らくこうした概念の重要性は出てこないだろう)。

    「稼ぐ」という観点からあるべき製造業のマネジメントの姿と、テクノロジーの活用方針を網羅的に理解できる点で、AI・IoTバブルの今だからこそ読むべき一冊と言えると思う。

  • # 書評☆2 見える化4.0 | 社内構造の可視化による経営改善

    ## 概要
    会社経営について詳しい2人の専門家による,社内状況の可視化による経営改善を提言している。

    可視化は以下の4段階のレベルがある。

    1. 社内構造
    2. プロセス
    3. サービスモデル
    4. 24時間

    著者が経営の人であるため,経営の内容に終止している。一般社員が読んだところで,どうにもできない内容だった。

    ## 結論
    IoTのビジネスの話を期待していたのだが,思っていたのと違った。

    こういう経営の話は,一般社員が読んだところで,実行不可能であり,役に立たない。

    今後はこういう経営の本を読むのは避けようと思った。

    パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/04/23/

  • 国際競争力が低下している日本の製造業。
    AIとIoTで、見える化をするとどんな可能性が見えてくるか。日本の戦略と海外の戦略の違いはなにか。ビジネスモデルの変化について知ることができる。

  • AI/IoT時代における日本メーカーの生存戦略を語る。
    IoT以前の時代には、
    1.収益の見える化、
    2.社内プロセスの見える化、
    3.顧客ニーズの見える化、
    というプロセスで発展を遂げた。

    IoT以後の時代には、
    4.リアルタイムの見える化、
    5.ビッグデータ分析と予知、
    6.リアルタイムの制御自動化、
    というパスをたどることになる。

    インダストリー
    1.0 蒸気機関の登場と機械設備の導入に代表される、いわゆる第一次産業革命。
    2.0 電気の登場とライン製造方式。
    3.0 産業ロボットやITによる自動化・効率化。
    4.0 IoTでつながったの時のものづくり。

    生産計画や製品入庫実績などを扱うERPがあり、その下に生産ラインを制御するMESがあり、さらにその下に各機械を制御しているPLCがある。この3つのシステムのデータを連携させると、ERPのカネ情報とMESのモノ・工程情報、PLCの稼働情報がリアルタイムにつながり、活動基準原価計算ABCに必要な情報が集まる。すると、受注プロジェクト単位で赤字/黒字を確認できるようになり、負けパターンを認知・分析できるようになる。負けパターンに応じて、取るべき対応が異なる。

    欧米ではプロセスの見える化が特に問題にならない。社員の流動性が高いので、最初からシステム化しておかなければ業務を継続することさえままならない。属人的な要素を排除して、誰がやっても同じ結果が出るようにするには、マニュアル化を避けることはできない。

    IoTが製造業に及ぼす影響は大きく2つ。1つは生産現場の効率化、つまりQCDの飛躍的向上を狙うというもの。もう1つはビジネスモデルそのものの大変革、データをもとに顧客とつながり、新たな付加価値を生み出していく、サービスでも稼ぐビジネスモデルだ。

    ー以下、メモー
    メーカー社員にとって非常に示唆に富む内容であった。IoTによる進化のパスや、生産効率化・サービスモデル化の話は既知であるが、分かりやすく整理されている。個人的な印象に過ぎないが、メーカーはサービスモデルの付加価値をあまり認識できない。モノの時代と比べると、コトの時代の価値は実感しづらい。徹底した顧客目線でUXに強みを持つベンチャーの方が得意。

  • 見える化1.0から見える化4.0という名前で段階的な見える化の状態を解説する章組。
    生産現場における見える化ロードマップを描く場合の参考にはなると思う。
    現時点で世の中に出回っている事例が少ないからか、3.0と4.0の部分はやや内容が薄いという印象。

  • ざーと読む

  • 編集協力しました。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

経営共創基盤パートナー
慶應義塾大学経済学部卒。ベンチャー企業経営の後、日本NCR、タワーズペリン、ADLにおいて事業戦略策定や経営管理態勢の構築等の案件に従事。経営共創基盤参画後は製造業を中心に全社経営改革や事業強化など様々なステージにおける戦略策定と実行支援を推進。レスター大学経営大学院修士(MBA)、ランカスター大学経営大学院修士、ハーバードビジネススクールAMP

「2017年 『ダークサイド・スキル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見える化4.0 AI×IoTで「稼ぐ力」を取り戻せ!のその他の作品

木村尚敬の作品

ツイートする