小池栄子と荻原博子のいちばんやさしい保険のはなし 知ってそうで知らない、保険の基礎の基礎!

制作 : 日本経済新聞社 
  • 日本経済新聞社
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (87ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532351458

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 保険を易しく説明する対談本。
    雑誌っぽいレイアウトと、知識のない若い女の子に先生が教えてくれる系の造り。

    私はこれ系の書き方は気が散っちゃって苦手だけど、初歩の初歩から初心者向けに書かれているから基礎を知るのに良い。
    古いけど基礎知識と保険に対する基本的な考え方を知るには十分。
    ただ、わかりやすさを重視するあまり、説明がざっくりすぎるきらいがある。
    特にデータの読み方は誤解をまねきそう。

    ・誰でも簡単に入れる保険は、もらうときが簡単じゃない。
    ・入院すればもらえる保険は、入院しないともらえない。
    ・保険とは助け合い精神でできたものだけど払い方ともらい方はギャンブル。



    今は金利が低いと言ってるけど、ゼロ金利時代の目で見たら2005年の予定利率高え。
    こういう本は考え方の参考になるけど未来を保証してくれるものじゃない。
    想定される家族の形が健全すぎてその通りにいく人ばかりじゃなさそうなのが教科書的。
    あと「保険のおばちゃん」って言い方と見方の失礼さに時代を感じる。

全1件中 1 - 1件を表示

小池栄子と荻原博子のいちばんやさしい保険のはなし 知ってそうで知らない、保険の基礎の基礎!に関連する談話室の質問

小池栄子と荻原博子のいちばんやさしい保険のはなし 知ってそうで知らない、保険の基礎の基礎!を本棚に登録しているひと

ツイートする