敗者のゲーム〈原著第6版〉

制作 : 鹿毛 雄二 
  • 日本経済新聞出版社
4.03
  • (26)
  • (39)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 526
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532356286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は、大手投資信託「バンガード」の取締役だったチャールズ・エリス氏。アクティブファンドのほとんどがインデックスファンドに劣っている事実などから、インデックスファンドのみに長期で投資することが最も効果の高い資産運用方法であると述べている。インデックスファンド最強説は、「ウォール街のランダム・ウォーカー」著者のバートン・マルキールも述べており、長期運用を始める際はこの2冊と、両名が執筆した「投資の大原則」が参考になる。

    =メモ================
    ・成功する運用基本方針策定のポイント:
    ①長期運用の目的の確認と、資産配分比率(株、債権、等)の策定、
    ②ポートフォリオの構成の決定(成長株対割安株、国内株対海外株など)、
    ③アクティブ対パッシブ比率の決定、
    ④個別ファンドの選択、
    ⑤アクティブな運用(銘柄の売買)
    最小コストで最大の効果を出すのは①で、④や⑤はコストがかかる割に効果が殆ど無い

    ・モーニングスターは自身の格付けが将来のパフォーマンスの予想に殆ど役立たないことを認めている。

  • 読んでおいて損はない

  • まだここまで踏み込めない、将来本格的な投資をすることになった時に再読しよう

  •  資産運用の勉強を行う際、色々な本やネット上の紹介でこの本のことが書かれており、興味を持ち本著を購入した。

     この本は確定拠出年金(401k)や非課税投資講座(NISA)等に加入した際の資産運用の考え方について書かれている。特にインデックスファンドを強く推しており、その理由も詳しく書かれている。

     福利の効果や運用の基本的な考え方などをたとえ話等を交えて書かれており、大変わかりやすかった。

     例えばテニスゲームを例に、「プロは得点を勝ちとるのに対し、アマはミスによって点を失う」として、これはそのまま投資の世界にも当てはまると書いてあった。
     つまり個人投資家は株やFXなどで勝つことは難しく、損失を少なくすることで結果的に資産を築くことができるとのこと。特に長期運用を前提とする場合、福利効果によりその効果は増大するとのこと。

     この本は投資信託による資産運用を始める前に一度読んでおくとよい。知識としてあるだけで運用に対する取組方が変わると思う。(私自身がそうなので・・・)
     特に会社から確定拠出年金への加入を勧められた方や20~30代の方はこの本を読むことを強くお勧めする。

  • 資産運用とは失敗が許されない、敗者のゲームである。
    多少のリスクをカバーするためには長期運用しかない。
    資産を動かすたびに、手数料・税金などのコストがかかる。
    いかにコストを低く抑えるのかがミソ。

  • 投資における最大の武器は時間と複利。
    投資信託を選ぶならインデックス。
    市場参加者は皆プロ。出し抜くことは極めて困難。
    運用方針をしっかり考え、ブレないようにする事

  • それでも人は感情で投機をする。
    投資の心構え、株式市場に個人が投資する前に読みたい一冊。
    プロに個人投資家は勝てない。また、勝つ必要もない。
    歴史が全てを事実を証明する。
    この手の書の源流であり、近年も改定加筆されている良書。

  • 「ウォール街のランダムウォーク」とともに、株をやる人にお勧めという記事を見て、手に取る。「ウォール街のランダムウォーク」が良かったので、期待したが、こちらはあまり心に入ってこなかったな。何だか言っていることは結構かぶっていて。欲を出して、挑戦すると失敗する。オーソドックスなやり方を、愚直に続けなさい。うまくやった者が勝者になるのではなく、愚かな事をした者が敗者になるゲームだと。

    忙しさに負けてずるずると出来ていないが、ポートフォリオの見直しはしようと思う。

  • ダイヤモンド2017722掲載
    長年読み継がれているらしい

  • とにかく自分の意志を貫くこと。揺らがないこと。
    市場平均に勝とうとしないこと。欲をかかないこと。

全34件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

ホワイトヘッド財団理事長
1937年生まれ。資産運用分野における世界的重鎮。エール大学卒業。ハーバード・ビジネススクールで最優秀MBA、ニューヨーク大学でPhD取得。1972年にグリニッジ・アソシエーツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、金融会社、投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングで活躍。2001年6月、代表パートナーを退任。この間、全米公認証券アナリスト協会会長などを歴任。

「2018年 『投資の大原則[第2版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

敗者のゲーム〈原著第6版〉のその他の作品

敗者のゲーム〈原著第6版〉 Kindle版 敗者のゲーム〈原著第6版〉 チャールズ・エリス

チャールズ・エリスの作品

ツイートする