敗者のゲーム〈原著第6版〉

制作 : 鹿毛 雄二 
  • 日本経済新聞出版社
4.03
  • (26)
  • (39)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 526
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532356286

作品紹介・あらすじ

投資で成功するというのは、難しい証券分析などの専門知識や経験を身につけることではなく、ましてや短期的に市場を出し抜こうとすることでもない。市場平均利回りを上回る(=市場に勝つ)ことがきわめて難しくなった今、最も簡単かつ結果の出る方法は、インデックス・ファンドを活用することである。全米累計100万部を超えるロングセラーの最新版。プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の資産運用を考える人は、是非読んだ方が良い本です。

    ↓↓↓

    ・一般的に勝敗を決めるゲームには、「勝者のゲーム」と「敗者のゲーム」がある
    ・「勝者のゲーム」は自らが勝ちへの一手をする事で、勝ちに至るゲームである
    ・「敗者のゲーム」は相手が負けへの一手をする事で、勝ちに至るゲームである
    ・投資市場においては、50年前は「勝者のゲーム」であった。現在は「敗者のゲーム」となってしまった。
    ・理由は市場参加者の90%以上がプロ投資家となり、それぞれが極めて優秀であるが故に、相手の失点でしか収益を上げる事が出来なくなってしまった。

    ・投資はゼロサムゲームではなく、マイナスサムゲームである。税金が引かれる為である。
    ・市場価格とは、プロ投資家の総意の価格である。
    ・故に税引き後でも市場を上回るリターンを得る事は極めて難しい。

    ・オススメの投資は、10年以上の資産運用を意図するならば、投資信託のインデックスファンドに投資する事である。
    ・アクティブファンドの投資信託はオススメしない。市場の総意に勝てる確信があるならば、行っても良い。

    ・個人投資家にとって最大の敵は、進行するインフレである。
    ・日本のインフレターゲットである、年利2%のインフレが今後平均して進行した場合、資産の購買力は36年で半減する。
    ・進行するインフレ以上のリターンを維持する必要がある。その為に貯金、日本国債投資では必要なリターンは維持出来ない。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50114335

  • 自分自身で実行すべきこと。自分の投資を理解すること。自らのリスク許容度と選好の確認
    ほとんどのスキー場において、初心者コースから上級者までゲレンデが分かれており、スキーヤーは自分の腕に合わせて選択できる。人はそれぞれ、次の面に置いて違う。資産規模、収入、時間軸、果たすべき責任、リスク許容度、遺産の有無、社会貢献への関心
    投資家としての責任を果たす上で、必要な資質は次の3つである。1.自分自身の長期的な目的や利益を掘り下げて理解しようとする意欲。2.マスターマーケットの誘惑などを含めた、皮膚温市場と投資に関する基本的な理解。3.自分の投資向く時に合った投資政策を決定し、それを堅持する自己規律の精神

  • 5

  • これもウォール街の〜と同じタイミングで借りた。

    中身の論調はやっぱり似ている。同じ主張で分厚さ半分だからそりゃそうか。

    面白いなと思ったのはタイトルにもなっているけど、インデックス投資を「敗者のゲーム」だと表現しているところ。
    機関投資家がアホな訳ではなく、むしろ一部の機関投資家がマーケットの富を操れるほど大きく、賢くなっているから一般投資家はプロの世界ではなくアマチュアの世界で勝負するべきである、というスタンスは納得感あった。

  • ●投資のコツは、長期的な資産運用の目標を立てて、長期的に株式を保有すること。

  •  長期投資の最も効率的な選択とは何かについて学ぶことができる。ランダムウォーク理論に基づいた著者の考えは理にかなっており、バフェットの投資理論と通じるものがある。
     長期投資のバイブルにしていきたい。

  • 今年の夏ハワイに持っていった勝間さんの本二冊を、行きの飛行機で読み終えてしまい、あわてて Ala Moana Shopping Center の Bookoff に直行しました。そこで見つけた「敗者のゲーム。」あちこちの本で参考文献として紹介されていたのでどうしても読みたいと思っていた憧れの古典に挑戦です。どれだけ難しい語彙が詰まった恐ろしい専門書なのだろうとビクビクしながら読み始めましたが、とても良心的。堅実な資産運用基礎の基礎。わかっていてもやっぱり守り通すのが難しい基本。を諄々と説いて聞かせてくれます。

    華麗なウィニングショットで得点を奪い合うプロ同士のテニスゲーム (勝者のゲーム) とは違い、市場での取引は個人投資家がミスにより得点を失って自滅することがほとんどの敗者のゲーム。という前半で出てきたこの比喩がとてもわかりやすく、イッキに読んでしまいました。

    資産運用で成功するには、市場の動向を観察しベストのタイミングで売買することなど忘れなさい。とにもかくにも衝動に駆られた投機的判断によるミスを犯さないこと。だそうです。人気のファンド・マネージャーのいる、現時点でホットな運用期間を数年サイクルで乗り換えるのではなく、自分の投資目的や運用方針ないし計画をしっかりたて文書化し、それを忠実に守り抜くことのできる運用期間に託すことの大切さを教えられました。

    1975年にもとになる記事が出版されて以来、星の数ほども発表されたであろう資産運用や株式投資の新手法を尻目に、「敗者のゲーム」の述べる投資哲学は現在にいたるまで十二分に参考にされています。それだけお金の管理は難しいということでしょう。「敗者のゲーム」を読むまで、どこかで資産運用はインターネットでもできるのだから自分さえしっかり勉強しておけば大丈夫と思っていたフシがありました。年が明けたらきちんと専門家に相談し、401Kを始めようと思います。

  • 著者は、大手投資信託「バンガード」の取締役だったチャールズ・エリス氏。アクティブファンドのほとんどがインデックスファンドに劣っている事実などから、インデックスファンドのみに長期で投資することが最も効果の高い資産運用方法であると述べている。インデックスファンド最強説は、「ウォール街のランダム・ウォーカー」著者のバートン・マルキールも述べており、長期運用を始める際はこの2冊と、両名が執筆した「投資の大原則」が参考になる。

    =メモ================
    ・成功する運用基本方針策定のポイント:
    ①長期運用の目的の確認と、資産配分比率(株、債権、等)の策定、
    ②ポートフォリオの構成の決定(成長株対割安株、国内株対海外株など)、
    ③アクティブ対パッシブ比率の決定、
    ④個別ファンドの選択、
    ⑤アクティブな運用(銘柄の売買)
    最小コストで最大の効果を出すのは①で、④や⑤はコストがかかる割に効果が殆ど無い

    ・モーニングスターは自身の格付けが将来のパフォーマンスの予想に殆ど役立たないことを認めている。

  • 読んでおいて損はない

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ホワイトヘッド財団理事長
1937年生まれ。資産運用分野における世界的重鎮。エール大学卒業。ハーバード・ビジネススクールで最優秀MBA、ニューヨーク大学でPhD取得。1972年にグリニッジ・アソシエーツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、金融会社、投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングで活躍。2001年6月、代表パートナーを退任。この間、全米公認証券アナリスト協会会長などを歴任。

「2018年 『投資の大原則[第2版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

敗者のゲーム〈原著第6版〉のその他の作品

敗者のゲーム〈原著第6版〉 Kindle版 敗者のゲーム〈原著第6版〉 チャールズ・エリス

チャールズ・エリスの作品

敗者のゲーム〈原著第6版〉を本棚に登録しているひと

ツイートする