チャールズ・エリスのインデックス投資入門

制作 : 鹿毛 雄二  鹿毛 房子 
  • 日本経済新聞出版社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532357627

作品紹介・あらすじ

全米で累計100万部超のロングセラー
『敗者のゲーム』著者による入門書の決定版!

「アクティブ運用での一攫千金を夢見るのはやめて、地道にインデックスファンドで資産運用しよう」--
チャールズ・エリスの主張は、いつもシンプルだ。

コンピュータによる超高速取引が浸透すると、ますます個々のファンドマネジャーの能力は平準化されてしまう。
いまや、一般の投資家が連戦連勝するファンドマネジャーを見つけて資産を託すというのは、
ほとんど不可能に近い。

本書は、「夢見る投資初心者」たちにその現実を伝え、インデックス投資のメリットを説く入門書だ。
エリス自身が「アクティブ運用信者」からインデックス投資へ「宗旨替え」するストーリー、
そして簡潔にまとめられたポイント解説は、予備知識のない読者にも非常に読みやすい。

プロ・アマ問わず、投資家必見の1冊だ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・1970年代からアクティブ運用成績は低迷
    ・運用報酬、コストを除いた成績でベンチマークに勝てなくなった
    ・運用手数料は、資産に対してではなくリターンに対して計算すべき
    ・インデックスなら長期投資方針の決定に集中できる
    ・税金も安い

  • ファンドマネージャーが優秀にになればなるほど市場は効率化されていくから、インデクスファンドに投資したほうが長期的には有益だよということが書いてある。

  • ロングセラー『敗者のゲーム』著者による、「インデックス投資」の入門書。業界や経済を分析し、投資する「アクティブ運用」の限界を指摘するとともに、経済全体に投資するインデックス運用の有用性を、自身の経験を交え語る。

    第1部 インデックス運用への長い道のり
     第1章 アクティブからインデックスへ
    第2部 インデックスを勧める10の理由
     第2章 世界の株式市場は劇的に変化した
     第3章 インデックス投資の成績はアクティブ運用に勝つ
     第4章 手数料が安い
     第5章 運用で最も重要な意思決定に集中できる
     第6章 税金が安い
     第7章 売買コストが安い
     第8章 リスク管理に役立つ
     第9章 「ファンドマネジャー選択のリスク」を避けられる
     第10章 ミスターマーケットに惑わされない
     第11章 時間を有効に使える

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ホワイトヘッド財団理事長
1937年生まれ。資産運用分野における世界的重鎮。エール大学卒業。ハーバード・ビジネススクールで最優秀MBA、ニューヨーク大学でPhD取得。1972年にグリニッジ・アソシエーツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、金融会社、投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングで活躍。2001年6月、代表パートナーを退任。この間、全米公認証券アナリスト協会会長などを歴任。

「2018年 『投資の大原則[第2版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャールズ・エリスのインデックス投資入門のその他の作品

チャールズ・エリスの作品

ツイートする