正論なのに説得力のない人ムチャクチャなのに絶対に議論に勝つ人 正々堂々の詭弁術

著者 :
  • 日本実業出版社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534038128

作品紹介・あらすじ

ディスカッションやディベートなど議論・討論の場で必須の、また、ビジネスや日常会話でも効果的な詭弁の魅力と使い方をわかりやすく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (S)
    論理学をベースとした、上手な議論の仕方について書かれた本。
    「詭弁」について著者は
    ・理屈の上に成り立った議論
    ・主張に説得性を持たせるために必要
    ・人を欺く意思、は詭弁と一切関係ない。詭弁にその意味を含めるのは間違い。
    という3点を説明した上で以下の章構成で「上手な詭弁」の説明を深めます。
    1章 詭弁とは何か
    2章 単なる論理間違いとムチャクチャな論理
    3章 詭弁のようで詭弁でないタイプ
    4章 説得性に乏しい「下手な詭弁」
    5章 猛烈な説得力を持つ「上手な詭弁」
    6章 上手な議論のための詭弁トレーニング


    身近な会話例や文例を元に、あらゆる議論の論理学的解釈を教えてくれる。
    筆者の言うように、上手な議論をできるようになるというのもひとつだが、前半の章にあるような「論理的にムチャクチャ」を展開しないようにするための教科書として使える。

    著者は、勝間和代の本でも薦められていた「論理パズル」の著者でもある。

  • 議論する機会が多い方へ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

国際通信チェス連盟インターナショナルマスター

「2018年 『13歳からのもっと頭がよくなるコツ大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

正論なのに説得力のない人ムチャクチャなのに絶対に議論に勝つ人 正々堂々の詭弁術のその他の作品

小野田博一の作品

ツイートする