早わかり日本史

著者 :
  • 日本実業出版社
3.68
  • (7)
  • (11)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 243
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534044488

作品紹介・あらすじ

図解ですっきり。事件とエピソードで楽しめる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 理解。吸収には至らなかった。
    自分の問題・・・。

  • 見開き2Pで1テーマの構成で図表もわかりゃすい。ただし近現代のボリュームが少なすぎるのが難点か。これでは1冊の日本史本としてかなり問題があるように感じるが、高校時代に日本史Aをやった人にはちょうどいい構成なのかも。

  •  ざっとした日本史の流れがわかる本。決して堅苦しい内容ではないので、ちょっと日本史について知りたくなった方や、日本史の流れに困惑している受験生にお薦めかと思います。ただ深くは書いていないので、要所の研究をしたい方には物足りないかと思います。ポイントを押えたい、くらいなら充分の内容量かと。

  • おさらいのつもりでさらっと読了
    日本史は他にも良書が多くあることに気づく

  • 図解で簡潔にまとまってるのがいい。

  • わかりやすかった。

  • 0604-0613
    /////
    ◆ベストセラー『早わかり日本史』がよりビジュアルに!
    1997年12月に発行されて以来、多くの読者から支持されてきた同書が、装いを新たに登場します。4色刷の16ページ口絵+2色刷の本文になって、よりビジュアルに、よりわかりやすく大変身!
    もちろん、最新の研究成果も盛り込み、高校の教科書にも対応済み。

    ◆日本史は「流れ」をつかめばアタマに入る
    本書では、「なぜこんなことが起きたのか」「なぜその場所で起きたのか」、
    そして「その事件がどんな影響を与えたのか」……、など事件とエピソードを中心にして解説。
    また、すべての項目に図版を入れ、すっきり理解できるように工夫しました。
    この図を見ながら本文を読めば、わかりにくかった歴史の糸が面白いようにほぐれだし、見る見るわかるようになります!

    ◆どこから読んでも楽しめる
    すべての項目が2ページ読み切り形式なので、気になった歴史事件、
    時代劇で見た出来事、興味をもったところ、調べたいところなど、どこから読んでも楽しめます!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

河合 敦(かわい あつし)
1965年、東京都に生まれる。青山学院大学文学部史学科卒業。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。
多摩大学客員教授。早稲田大学で非常勤講師もつとめる。
第17回郷土史研究賞優秀賞(新人物往来社)、第6回NTTトーク大賞優秀賞、2018年雑学文庫大賞(啓文堂主催)を受賞。
『世界一受けたい授業』(日本テレビ)、『ぶっちゃけ寺』(テレビ朝日)などテレビ出演も多数。
主な著書に『日本史は逆から学べ!』(光文社 知恵の森文庫)『逆転した日本史』(扶桑社新書)『テーマ別で読むと驚くほどよくわかる日本史』(PHP)などがある。

「2019年 『世界一受けたい日本史の授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

早わかり日本史のその他の作品

河合敦の作品

早わかり日本史を本棚に登録しているひと

ツイートする