法人税申告のための決算の組み方がわかる本

著者 :
  • 日本実業出版社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534044952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 法人税の申告をゴールとした場合、期中からスタートしていろいろな前準備がある。

    月次決算はもちろんではあるが、申告書や決算書の裏付けとなる資料や集計などは期中処理と平行して行うと決算作業が効率的となる。

    この本は、法人税申告のための決算の組み方について解説している本である。

    大企業よりも中堅企業の経理担当者向きという感じ。

    会計事務所に入ってそろそろ法人担当先の決算を自分でまとめないといけないという新人スタッフや、中堅企業の経理担当者が法人税申告の全体像を勉強したいという人にはお勧めの本だと思う。

    法人税は確定決算をもとに計算されることになっているため、税金の計算と経理処理はリンクすることになる。

    申告書作成のためには、期中処理→決算処理→申告調整という段取りをへることになる。

    申告調整は経理処理のやり方によって異なってくるため、重要な調整項目については期中の処理を整えておく必要も生じる。

    いずれにしても、日々の取引、仕訳の積み重ねが税務申告の前提となるということは間違いないだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

小谷羊太の作品

ツイートする
×